2018年01月07日

闘将、逝く。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

少年時代、野球をしていた僕にとって、
星野監督は、憧れのチームを率いる
神様のような存在だった気がします。

激高するシーンを見ながら、
その闘志に胸を熱くしたものです。

今では考えられないと思いますが、
1988年の日本シリーズでは、
小学校の担任の先生が
教室のテレビをつけっぱなしにして
クラス一丸で声援を送りました。

激しい鉄拳制裁も含め、
いろんなことが今よりもずっと
大らかな時代でした。

闘将が、この世を去りました。

もう叶わないと思いながら、
低迷が続く中日を建て直すには
この人しかいないだろうと
心の片隅で思っている自分がいましたが。

どうやら、永遠に叶わない
夢となってしまったようです。

落合中日もスゴかったし、
その頃にチームを取材できたことは、
僕の財産の一つだと感じています。

少年時代のヒーローだった
今中さん、山本昌さんに
インタビューできたのも
うれしかった。

でも、やっぱり、一度でいいから
星野監督とお話がしてみたかったなぁ〜。

心よりご冥福をお祈り致します。

posted by もっぴ at 08:38| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

極私的ゲーム・オブ・ザ・イヤー2017。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いよいよ2018年もスタートしましたが、
今年は例年以上に正月感が薄い。
・・・なんでだろ? 年末ギリギリまで
忙しかったからなのか?? 

さて、1月2日の今日は、
ゲームの話でもしようかと思います。

昨年は、久しぶりにゲームにはまりました(笑)
いやぁ〜、何年ぶりだろう、
これだけ時間を費やしたのは。
それこそ大学生の頃は、
バ○みたいにゼルダの伝説と
パワプロばっかりやってたんですが。

というわけで、そんな私が虜になった
ゲームといえば、もちろんそうです!

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2017/10/26-2018/1/8注文分まで)】 - Switch -
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2017/10/26-2018/1/8注文分まで)】 - Switch -

これしかありません!!

『スプラトゥーン2』も、
『スーパーマリオオデッセイ』も、
結構面白いんですけどねぇ〜。

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2017/10/26-2018/1/8注文分まで)】 - Switch -
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2017/10/26-2018/1/8注文分まで)】 - Switch -

スーパーマリオ オデッセイ 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2018/1/8注文分まで)】 - Switch -
スーパーマリオ オデッセイ 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2018/1/8注文分まで)】 - Switch -

やっぱりゼルダに軍配が上がるかなぁ〜。

実際、海外でもいろんなゲーム賞を
総なめにしている状況のようですが、
さすが任天堂! さすがゼルダ!!
ファンの期待を全く裏切ることなく、
・・・いや、良い意味で、完全に
裏切ってくれたといえるかもしれない!

ファミコン時代から数えて
それこそ星の数ほど
いろんなゲームをプレイしてきた気がしますが、
その中でも1位だと言ってもいいくらい、
とにかく素晴らしい1本です。

まだの人は、ぜひ一度体感して欲しいなぁ〜。
あの心地よい没入感は、
おそらくこのゲームでしか
味わえない代物だと思います。


というわけで、2018年は
どんなゲームとの出会いがあるのか?

・・・くれぐれも仕事に支障が出ないよう、
ほどほどに楽しみたいと思います。。

posted by もっぴ at 14:23| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

謹賀新年。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

新年明けましておめでとうございます。

フリーライターとなったのが2002年。
あれから丸15年が過ぎましたが、
これからも初心を忘れることなく、
様々なことに挑戦していきたいと思います。

ライティングに、編集に、
2010年からは農業も加わり、そして・・・と、
もうじき不惑の身ですが、まだまだ良い意味で
落ち着かずに惑い続けますよ(笑)

というわけで、みなさま
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

オフィス・ヒライ
代表 平井基一

posted by もっぴ at 09:00| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

良いお年を!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

あっという間に2017年も
終わりに近づいております。
残りあと3時間あまりでしょうか。

本日は、仕事の合間を縫って、
毎年恒例となっている
岐阜県の千代保稲荷神社へ。

IMG_6133.JPG

「いつも仕事を前倒しで
進められるように」という意味を込めて、
あえて元旦ではなく、大晦日に
初詣を済ませています。

・・・まあ、うちの家族が、
単に混雑が嫌いなだけだったり
するんですけどね。

で、こちらもいつもの流れで、
参道沿いにあるたい焼き屋さんへ。

ところが、時間が早かったのか、
訪れた時はまだチャッターが
閉まったままでした。

新年は大忙しでしょうから、
開店はもう少し後かなぁ〜なんて
通り過ぎようとしたら・・・。

ガラガラガラガラ!!!

なんと!
目の前でシャッターが上がり、
そのまま焼きたてを購入できたのです!
まさかの一番乗り!

IMG_6136.JPG

なんだか来年も
いい年になりそうな予感です♪

というわけで、
みなさん、2017年は
本当にありがとうございました!

そして、
2018年もよろしくお願いいたします!

それでは、
良いお年をお迎え下さい( ^o^)ノ

posted by もっぴ at 21:27| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

お金のない人生ゲーム。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いやぁ〜、やっぱり忙しいッス、年末(笑)。
よし!たくさん更新してやる!と
意気込んでみたものの、あえなく玉砕! 
まあ、そうなることは何となく
見えていたという方も多いと思いますが。

というわけで、なんだか申し訳程度に
ブログを更新しようと思います。

本日は、ゲームの話です。
といっても、テレビゲームではなく、
アナログなボードゲームの方。

先日、うちの娘が
友達に「人生ゲームをやるんだ」と聞いて
いたく興味を持ったみたいで、
我が家でも遊んでみることにしました。

ただ、実は僕、ボードゲーム版の
人生ゲームをやった経験が
一度もありませんでして。

というわけで、
僕からルールを教えることができないまま、
娘たちは2人で勢いよく箱を開け、
すぐさまコマを並べて
プレイし始めたわけなんですが・・・。

ルールが全く分からないので、
あろうことか、お金を一切使わずに
単なるすごろくとして遊んでいたのです!

すると、どうでしょう。
普通であれば、お金を巡って
一喜一憂するはずの人生ゲームを
とっても仲良くプレイしているじゃないですか!

やっぱりお金が絡まない方が、
人生って幸せなのかなぁ〜なんて、
ゲームとは全く関係ないところで
妙に納得してしまいました。

ところで、人生ゲームといえば、
仕事の選択がお楽しみの一つですが、
職業カードを見てみると、総理大臣より
ロボットクリエイターの方が
だいぶ給料が高かったりと、
なんだか時代を反映していて
大人が見ても面白かったりします。

IMG_6033.JPG

予備で真っ白なカードが付いていて、
自分で職業を作ることもできそうですが、
果たして「職業:フリーライター」を作るとしたら
給料はいくらくらいがいいかなぁ・・・。

せっかくですから、ゲームの中だけでも、
一番儲かる仕事にしてみたいと思います(笑)

posted by もっぴ at 17:46| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

ヘンテコノミクス。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いや〜、結局、更新が滞り始めました(笑)
忙しくても時間は作れる!と息巻いていたものの、
超忙しいとやっぱり時間は作れないもんですね。
単純に忙しさがまだ甘かっただけでした。

とはいえ、最近ブログを閲覧してくれる人が
FB経由でドッと増えてるみたいなので
何も更新しないのも申し訳なく。
少しだけでも記事を書こうと
今日は一つ、本でも紹介するつもりです。

さて、先日、ブログで
NHK番組「オイコノミア」などでお馴染みの
大竹文雄先生の著書、
『競争社会の歩き方』をご紹介したところ、
なんと!光栄にもツイッター上で先生から
直接コメント&リツイートをいただきまして。

せっかくですから、行動経済学関連で
面白い本を紹介できないかと思い、
最近話題のこちらを挙げてみることにしました。

行動経済学まんが ヘンテコノミクス -
行動経済学まんが ヘンテコノミクス -

分厚い経済書を読み解くのは、
ちょっとしんどいという向きにお勧めな
行動経済学まんがです。

ただ、漫画といっても
内容はかなり本格的かつ
しっかりとツボを押さえていまして、
味のある絵で具体的なシーンが描かれている分、
なるほど!と納得感を得られやすいかも。

行動経済学の第一人者であるセイラ−教授が
ノーベル経済学賞を獲ったばかりですし、
ちょっとかじってみようかなという人には
入門書として最適な一冊だと思います。

我が家では、小学4年生の娘が
「絵が面白い!」とかじりつきました。
どこまで理解しているのはともかく、
夢中で読んでいる様子です。

親としては、狙い通り!と思う反面、
なんだか計算高い女になってしまうのではないかと、
一抹の不安を覚えているところです。。

posted by もっぴ at 07:22| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

2018年の大予測。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

数年前から、経済関連の話題に強くなるため、
ビジネス誌をいくつか定期購読しております。

その一冊、『日経ビジネス』の最新号が
本日手元に届いたわけですが、
今回の特集のタイトルは「2018年大予測」。

どの雑誌でも恒例の年末企画で、
これが始まると、いよいよ
年の瀬も迫ってきたなと感じます。

それにしても、中身を見てみると
専門家たちの意見はホントにバラバラ(笑)
全く反対の予想なんかもあったりして、
一体どれを信じていいものやら・・・。

まあ、予測と言っても占いみたいなもんで、
いわば、当たるも八卦当たらぬも八卦。
結局のところ、来年のことは、
来年になってみないと分からないというのが
正しい答えなんでしょう。

予測は予測だと割り切って考えて、
あえて逆を行くぐらいの心持ちの方が、
かえって成功に近かったりするかも、ですね。

・・・ちなみに、この手の企画には
よく経済評論家を名乗る人が登場するわけですが、
そんなに確実に未来が見通せるなら、
とっくに投資で一財産築いているわけでして。。
経済評論家をやって日銭を稼いでいる時点で、
その人の発言に信憑性がないのでは?と
勘ぐってしまう僕は、相当な性悪男でしょうか(笑)

あかん!あかん!
こんなこと言ってたら
色々と敵を作りそうだ。

posted by もっぴ at 21:54| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

自営業の老後。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

今日はいきなりマンガの紹介からでしたので、
せっかくだからと、もう一つ。

しばらく前に発売された
『自営業の老後』です。

マンガ 自営業の老後 -
マンガ 自営業の老後 -

これでもファイナンシャルプランナーの端くれ、
お金にまつわる本はかなりの好物ですし、
自営業の老後なんてタイトルを付けられたら
目に入らないわけがない!ということで
もうしばらく前になりますが、
書店で見つけて即購入した一冊です。

著者の方はイラストレーターで、
老後について全く準備をしておらず、
国民年金すらまともに支払っていないという
お金に相当無頓着な状態だったわけですが、
そこから一念発起して、
老後の備えを進めていくという内容。

同じ自営業でも、士業の方たちなんかは、
しっかり備えている人が多い印象ですが、
クリエイター系のフリーランス諸氏といえば、
無頼漢がカッコイイ!みたいなところがあって、
その手の話に無頓着という人も少なくない気がします。

でも、僕自身、段々と年を重ねてくると、
昔のような瞬発力も無くなるし、
記憶力もなんだか自信がなくなってくるし・・・。
やっぱり備えって大事だなぁ〜って痛感します。

この本なら、そんな老後の備えについて
かなりライトに解説してくれますし、
本当に初歩の初歩から話が進んでいくので
全く無関心だった人でも取っつきやすいはず。

「まずは老後の備えについて
ざっくり知っておきたい!」という人には
なかなか有益な本だと思います。楽しいですし。


僕自身を含め、リアルな老後を考えると
薄ら寒くなるという人もいるかもしれませんが、
現実をきちんと直視して、
できるところから準備したいものです。

posted by もっぴ at 20:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずは基本の読む力を。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いきなりですが、問題です。

<1>
幕府は、1639年、
ポルトガル人を追放し、
大名には沿岸の警備を命じた。

<2>
1639年、ポルトガル人は追放され、
幕府は大名から
沿岸の警備を命じられた。

さて、1と2の内容は
同じですか? 
それとも異なりますか?

・・・
・・・
・・・

答えは、

・・・
・・・
・・・

「異なる」です!

先日の新聞記事によれば、
実はこの問題、全国平均の
中学生の正答率が「57%」。
半分近くが間違えるんだそうな。


英語とか、プログラミングとか、
新たな授業科目の導入が
話題にのぼることの多い昨今ですが、
やっぱり教育の基礎となるのは、
教科書を正しく読めるかどうか。

まずはしっかりと文章を読み
理解できる力を身に付ける。
そんな部分こそ手を抜かずに
頑張ってもらいたいところです。


・・・だって、世の中、文章の意味を
理解できない人ばかりになったら、
フリーライターなんて商売あがったり(苦笑)。

活字離れも、ここまで来ると
いよいよ死活問題な気がします。

時代は、文字より写真や動画になりつつありますが、
最初はマンガでもラノベでもいいので
とにかく本を読んで欲しいなぁ〜、職業柄。

posted by もっぴ at 19:00| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転生したらヤムチャだった件。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

もうすぐ40歳のオッサンが
真面目な話をブログに連続更新すると、
なんだか政治・経済の
小難しい話題ばっかりになってしまうので、
ここらでちょっとライトな記事でもと、
本日は漫画を紹介しようと思います。

ネットを中心に一時期盛り上がりを見せた
『DRAGON BALL外伝
転生したらヤムチャだった件』です。

DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (ジャンプコミックスDIGITAL) -
DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (ジャンプコミックスDIGITAL) -

もう読まずに分かりそうなネーミングですが、
あるドラゴンボールファンの男の子が、
突然、ヤムチャになってしまったら?という
同人誌みたいなノリの外伝ですが、
これが公式に出てしまうというのが
まずもって一番の驚き!

で、肝心の内容についても、
しっかりとファンのツボを押さえていて、
思わずクスッとしてしまうネタが満載!

途中から異次元の強さになってくる
サイヤ人に転生するのではなく、
ヤムチャというところがポイントでしょうか。

ネットにも一部公開されているので
詳しくは実際に見てもらいたいと思いますが、
ストーリー展開を熟知しているのを逆手にとって、
ヤムチャとなった男の子が
ドラゴンワールドで大活躍を繰り広げます!

絵もほとんど違和感ないですし、
とても良く出来た作品だと思いますよ。
ドラゴンボールが好きな方ならぜひ。



posted by もっぴ at 15:53| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする