2017年04月07日

YouTuberも、フリーライターも。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

どうやら最近の小学生には、
将来の夢が「YouTuber」という子が
かなりの数いるみたいですね。

もちろん、僕らが子どもの時と同じように
プロ野球選手とか、パン屋さんといった
夢を抱く子どもがまあ多数派なわけですが、
そんな中、「YouTuber」が目下増加中というのは
IT社会が進んだ結果というべきなのでしょうか。

実は、YouTuberも、
フリーライターとよく似たところがあります。
それは、今ここで「なります!」と宣言すれば、
基本的に誰でもなれてしまう点です。

例えばこれが、プロ野球選手なら、
活躍するかどうかは置いておいたとしても、
とにかくどこかの球団に入らないといけません。
また、もしパン屋さんだったとしたら、
最低限、パン屋の従業員にはならないといけないですし、
それがオーナーであれば、
店舗や設備がないと不可能です。

そう、YouTuberも、フリーライターも、
他の職業に比べて恐ろしく障壁が低い、というか
壁なんてない!という点で共通しているんです。

プロ野球選手であれば、
ある程度、給与は約束されているでしょう。
仮にお医者さんともなれば、
それ相応の対価が高確率で手に入ります。

一方、YouTuberは? フリーライターは?
そうです、約束されているわけじゃない。
その後の稼ぎは、完全に自分次第です。

YouTuberは厳しいんじゃね?
という人は結構多いです。
確かに厳しいかもしれません。

ただ、もう少し広い視野で
社会全体をぐるりと見渡してみると、
子ども達が大人になる10年後、20年後に
一体どれだけの仕事が残っているのか?

今よりもAIが進んだ世の中で、
確実にあると断言できる仕事なんて、
ないと言っても過言じゃない気がします。

それならば、いっそYouTuberでも、
夢中になれるものがあればいいんじゃないか。
・・・と、なんだか同類の匂いがぷんぷん漂う
おじさんライターは思ったりするわけです。

ところで、自分の娘たちの夢は?というと、
パン屋さんと、クッキー屋さん。
今のところ、フリーライターになる気は、
サラサラなさそうな気配。

嫌いな教科は、国語なんだそうな(笑)

posted by もっぴ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック