2017年04月14日

いつの時代も、人は仕事を奪われる。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日、原稿執筆のために調べ物をしていたら
こんな記述を見つけました。

「これからはロボットやOA機器に、
仕事を奪われるかもしれない」。

最近は人工知能がにわかに注目され、
同じようなフレーズをよく耳にしますが、
実はこれ、昭和50年代の資料の一文なんです。

人類の歴史は、機械に仕事を奪われ、
新たな職を探す壮大な旅なのかもしれない。

自分が生まれた頃の文章を眺めながら、
ふとそんな風に感じた春のひとときでした。

posted by もっぴ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449019501

この記事へのトラックバック