2019年05月02日

あさドラ!。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いつも通り、GWも仕事です。
とはいえ、少しペースダウンしながら
ダラダラとやっている感じでしょうか(笑)

最近たまり気味になっている
新聞・雑誌をやっつけたり、
こちらも積読になっている
資料本などに目を通したり。

長期連休だからこそやれることにも
ちょっぴり手を出したりで、
なかなか有意義なお休みになっています。

というわけで、ブログも
ボチボチ更新しているわけですが、
積読の中から1冊ご紹介を。

令和一発目の本は、漫画です(笑)

あさドラ! (1) (ビッグコミックススペシャル)
あさドラ! (1) (ビッグコミックススペシャル)

浦沢直樹先生の新作連載漫画「あさドラ!」です。

昨年、名古屋市の中学生向けの
歴史の副読本の編集を担当したのですが、
そのテーマの一つが「近現代」でした。

そして、名古屋の近現代史を振り返る上で、
どうしても避けて通れないのが「伊勢湾台風」です。

実はこの「あさドラ!」、
最初の舞台となっているのが名古屋、
しかも「伊勢湾台風」を描いています。

まだ1巻、今後のストーリー展開は
まったく分からない状況ではありますが、
著名な漫画家さんが「伊勢湾台風」をテーマに
漫画を描くだなんて、これは読まねば!と
早速手に取った次第。今後に期待大です!!

どうしても東南海地震にばかり
目がいきがちですが、
海抜ゼロメートル地帯が広がる
名古屋市周辺は、台風の高潮被害にも
きちんと目を向けておく必要があると思います。

昨年は、前述した歴史の副読本の編集以降も、
台風について取材をさせていただきました。

なんでも今後、温暖化がさらに進展すれば、
「大型で強い台風が多発する」といった
研究結果もあるんだそうな。
そして、名古屋近郊で最も憂慮すべきなのが、
台風が直撃した時の「高潮」だと言うのです。

平成は、大きな災害が頻発した時代でした。

令和だって、何も起こらないとは限らない。
むしろ「災害は起こるもんだ」と考えて
事前の準備を怠らないようにしたいものですね。


ちなみに、伊勢湾台風を詳しく学ぶなら
名古屋市港防災センターさんがお勧めです。
名古屋市港防災センターのHPはこちら

入場無料ですし、残りのGWを
どう過ごそうかとお悩みのパパ・ママは
選択肢の一つに加えてみてもいいかと。
防災体験は、楽しいし勉強になるはずです。

posted by もっぴ at 11:25| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: