2017年04月23日

土を作らなければ、実りは得られない。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

誰も手を入れていない
耕作放棄地を借りて、
野菜を作ろうとします。

まずやらないといけないのは、
目の前の草を刈ることです。

しばらく使われていない畑なら、
土を耕し、肥料を入れ、
まずは土作りに精を出さないといけない。

それが自然の摂理というものです。

農業だけじゃありません。
これはフリーライターも同じこと。
いや、あらゆる出来事の本質は、
これと同じだと僕は思います。

まずは土を作ること。
これを抜きにして
実りを得ることはできません。

また、収穫後、
畑をほったらかしにしていれば、
次の実りを得ることはできません。

目の前の利益だけじゃなく、
ちゃんと先も見据えて土作りをする。
そんな地道な努力を
怠らないようにしたいものです。

自然は、農業は、
いろんなことを
僕たちに教えてくれます。

posted by もっぴ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実りの春。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

今年もいよいよこの時期が到来です。

IMG_4184.JPG

今回は、例年よりも
1万球ほど多い収穫を予定。

GWくらいまで続きそうです。

ちょっと慌ただしいですが、
実りの春、楽しんでます。

posted by もっぴ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

花束、なんて。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

フリーライターの投稿としては
いささか違うかもしれませんが、
先日、地元の若手農業者の集いを、
引退することになりました。

30代までが入会の条件ですので、
いわば定年退職みたいなものですね。

まだ新規就農したばかりの6年前、
周りは農家の息子さんたちばかりで、
最初は正直、居心地が悪かった(笑)
まったく話題についていけず、
何を話していいものかと途方に暮れたものです。

それでも、メンバーが本当に
根が素直というか、いい人ばかりなのに助けられ、
徐々に打ち解けられるように。
そのうち離れるのがちょっとさみしいくらい、
楽しい場所になっていきました。
そういえば、会長もさせてもらいました。
(単なる年功序列なんですけど。。。)

そして先日、送別会があったわけですが、
最後に手渡されたのが、写真の花束。

IMG_4130.JPG

僕はかなりひねくれものなので、
昔から「花束なんてもらっても・・・」という
イヤな性格の持ち主なんですが、
今回はちょっと違いました。

なんだろ、花束がうんぬんよりも、
それを準備してくれた
気持ちがなによりうれしいというか。

結局、もらう品物が何かが大事なのではなく、
そこで重ねた思い出の総量が、
渡されるものの価値を高めるんでしょうね。

これで若手の集まりから離れるわけですが、
すでに、中堅農家の集まりからお誘いが(笑)。
これからも農家のネットワークは
ますます濃くなっていきそうです。

ちなみに、ライターって、
意外とこういう集まり、ないんですよね〜。

・・・いや、単に僕が呼ばれてないだけか??(苦笑)

posted by もっぴ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

愛車、帰還。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

昨日、1週間ほどの整備を終えて「愛車」が戻ってまいりました。
エンジンを駆けると、なんだかいつもより元気です。

写真.JPG

そうです、トラクターも乗りこなす、変なフリーライターです。

どこかが壊れたから、というわけではないんですが、
きちんと手入れをしておいた方が長持ちするかな、と
オイルやバッテリーのチェック&交換を依頼しておりました。

動かなくなってしまってからの修理、では大変ですからね。

9月末ごろからは、本格的に次作に向けた作業が始まりますが、
「備えあれば憂いなし」とばかりに、着々と準備が進行中。

あとは、ここのところの暴飲暴食で若干太り気味な、
運転手の方の「メンテナンス」をしてやらなければ。。。

posted by もっぴ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

新規就農に思うこと。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。


今日は、農業のお話。

先日、新規就農者向けの助成金の関係で、
市役所と農政局による
現地確認調査が行われました。

そこで、担当者の方に
他の新規の方はどうですか?と尋ねると、
うまくいっていない人も結構いる、
とのお話でした。

で、どんな人が?と聞くと、
最も苦戦しているのは、全くゼロから
有機栽培を始めた人たちなんだそうな。
品質が安定せず、しかも売り先がない。
そんな状況が続いているようです。

僕の場合、何かにつけて
ポリシーがないことが多いもので、
それほどこだわりはないんですけど、
なかには「有機じゃないと無意味」なんていう
とっても意志の強い方なんかもいまして、
そういう農家さんからすれば、
他の選択肢を選ぶなんて発想は、
全く蚊帳の外なんでしょうね。

もちろん、有機栽培はいいと思うのですが、
これだけ耕作放棄地が増え、
担い手が減少し続ける昨今ですから、
単に農業を軌道に乗せるだけでも、
十分意義のあることだと思うんだけどなぁ〜。


経営者の成功本なんかを読んでると、
創業時に思い描いた目標に向かい、
一直線に進んだ人だけが成功するんだ、なんて
錯覚を起こしてしまいがちですが、
実際にいろんな方をインタビューしている身からすると、
創業時の理想とは異なる方向に進み、
結果、成功したという話が本当に多い気がします。


まあ、意外と世の中、そんなもんですよね。

信念を曲げないことも大事ですが、
世の中はどんどんと変化していきますから、
状況に応じて「変える」という勇気を持つことも
大事なんじゃないかな、と。


これだけ変化が激しいと、
八方美人ぐらいの方が、
うまくビジネスのシーズを拾い上げ、
成功する可能性が高い気さえしてきます。


というわけで、

なんだか、結局
農業とあんまり関係ない話でした。


posted by もっぴ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

この親にして。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日、当オフィスのアグリ事業部(農業のことね)の作業を確認するため、父親が書いた日報を見返していたら、

こんな「作業」が書かれていました。

2DF0EF03-0D2A-4C1C-A7D3-BDB7DDE48E4D.jpg


6/20
Wカップ「日本×ギリシャ」残念引き分け


…そうか。

よっぽど「ツライ作業」だったことでしょう。



かなり変わり者な僕ですが、
間違いなくこの人は僕の親だな、
と思った瞬間でした。



posted by もっぴ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

人事って難しい…。

「名古屋のフリーライター日記。」と標榜しておきながら、一時、農業ばかりのネタが続き、取引先の営業さんから「平井さん、最近、農業ばっかりですね」なんて声を掛けられていたもんですから、分量を減らしていたんですけど。

今日は、あえて、そんな農業がらみのお話です。

農業に従事する方はもちろん、農業に全く縁のない方でも、農業が抱える深刻な「高齢化問題」はご存知の方も多いと思います。

僕が3年前から所属している「木曽川町玉葱採種組合」でも、例のごとく高齢化が進んでおりまして、トップの組合長は80歳以上、その下も70歳代が続き、僕のすぐ上の先輩は60歳代です。僕が思いっきり平均年齢を下げて、なんとか平均年齢60歳代ぐらいでしょうか(笑)

そんな組合の目下の課題が、「新規就農者の獲得」です。というわけで、昨日は新規就農者獲得プロジェクト第一弾として「タマネギ採種見学会」を企画・開催することになりました!

普段、一般企業の人事担当者さんにお話をお聞きすることは多いのですが、採用方面の説明会を自分で主催するなんて初の体験。まあ、そつなくこなしたつもりですが、20数名の参加者の方に、どれだけうちの組合の魅力をお伝えできたのかはちょっと心配です…。

でも、説明会後、早速僕に駆け寄ってきて「やりたいんですけど!」と話してくれる20歳代の若者がいたり、前向きに就農を検討してくれそうな30代の方もいたりで、まずまずの成果だったかなと思います。

まあ、説明会はあくまでスタートライン。本当は今後のフォローが大事なんでしょうね。それにしても、就農3年目にして、組合員の採用活動(?)を担当することになろうとは…。社員を雇うのではなく、いきなり独立・開業という話ですから、資金面でのリスクに敏感な方も多く、就農者獲得はそんなに簡単じゃないと思います。

でも、地域の伝統を守るため、ひいては、日本の農業の未来を明るくするため、ちょっぴり頑張っちゃいますよ!! (…お!大きく出た!!)

…その前に、先輩として、しっかりタマネギの種も収獲しないと…ですが。。。がんばろ。


posted by もっぴ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

おすそ分け。

先日、タマネギの収穫をしていると、

畑の近くに住む上品な装いのおばさまから、声をかけられました。



「もしよければ、そのタマネギ、分けてもらえませんか」。



僕のタマネギは、契約業者さんの指示で管理しているものなので、

基本、一般のお客さんに直接販売することはしていません。


…と、その方に説明し、丁重にお断りしたのですが、

とっても残念そうに帰宅されるその姿を見て、

「これでよければ」と、選別に漏れたタマネギを渡しました。



「ありがとうございます!」

その弾んだ声に、

こちらも大切な贈り物を貰ったような、

うれしい気持ちになりました。



笑顔がはじけるおすそ分け。

何かとデジタル化する昨今ですが、

こんな人と人との触れ合いが、僕は好きです。


posted by もっぴ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

好きです。


すらりと伸びた細長い首から視線を落とせば、

豊満な肉体を包み隠す薄黄金色の衣の下から、

思わずしゃぶりつきたくなるような純白の素肌が−―。


ああ、

たまらん!




好きです!!



新タマネギ。



……。


え?

そうだす。

私が変なフリーライターです。





いよいよGWに突入しましたね。

今年はなかなか珍しく、休み中の原稿が落ち着いているので、

タマネギの収獲作業に全力投球中です!



で、あまりに抜きすぎて、ちょっと壊れかけております(笑)


posted by もっぴ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

タマネギの種、収穫。

いよいよタマネギの種が収穫時期を迎えました!

というわけで、種が実ったボウズたちをハサミでチョキチョキ♪



今朝、やっと第一段の収穫が終わりました。

ちなみに、収穫直後の種はこんな感じ。



ここからしばらく干して乾燥させ、脱穀機にかけていきます。

この種たちが、いろんな地域の農家さんに渡り、来年の春には立派なタマネギになる予定。

あなたの食べてるそのタマネギも、実は、僕の種からできたものだったりして。

posted by もっぴ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

地元のお野菜。

仕事の合間に立ち寄った市内のスーバーで、こんなコーナーを発見しました。

DSC_0183.JPG

実はコレ、僕も研修させていただいた「はつらつ農業塾」の塾生&OBのみなさんが、地元・一宮市内で栽培した野菜を販売するコーナーです。

どうやら独自のネットワークを通じてバロー一宮西店と交渉。この夏から野菜売り場の一角で販売をはじめたようです。

参加するメンバーの方に先日お話を聞きましたが、なかなか好評で完売してしまうこともしばしばなんだそうな。

せっかくですから、地元の野菜を地元の人が食べるという流れが当たり前になってくるといいなぁ〜なんて思います。

それにしても、ほとんどの野菜が無農薬や減農薬で栽培されているんですけど、売り場でこうした表記をするのはNGなんだとか。

「無農薬・減農薬とPRすると、あたかも農薬が有害なものだと誤解を招く」というのがその理由らしいんですけど、それはどうなのかな〜。

確かに「農薬=悪」というイメージが先行し誤解が多いのは否めませんが、農薬散布の有無を消費者が選ぶ権利は担保しないといけないのでは?なんて考えてしまいます。

…このあたりはなかなか難しい問題ですね。

ともあれ、野菜づくりに情熱を持った方々ばかりが出店されていますので、ぜひお近くにお立ち寄りの際は、ちらりと覗いてみてやってくださいませ!

posted by もっぴ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

園芸療法。

最近、園芸療法というのが注目されているんだそうな。

先日の新聞記事にも、京都の偉い先生が、

野菜を育てたり、花を植えたりすることで、精神的な病気の予防に繋がる、みたいなことを書いておりました。


何を隠そう、この私も、精神の健康のために園芸を活用しているひとり。

農家になるきっかけとなった家庭菜園をはじめたのも、

名古屋に事務所を構え、膨大な仕事で精神的に病みかけていた時に、

これではイカン!と思ったからでした。

以来、精神的にも肉体的にも、それなりに健康を保てているのは、

フリーライターの仕事とうまく組み合わせながら、農作業をしているおかげだと思っております。


どうです? 皆さんも園芸療法を実践したくなりましたか?


そんな方は、ぜひ『ひらっちファーム』(←このふざけた名称で近くホームページ開設予定!)で、

農園ボランティアからはじめてみてはいかがでしょう?(笑)
posted by もっぴ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

驚異のキュウリ。

いよいよ、やってまいりました!

畑をはじめてから恒例の、「キュウリ地獄」に突入です!


自宅近くの約1反(300坪)の畑では、

ここ3年間ぐらい無農薬・無化学肥料の野菜作りを続けていますが、

今年は、マルチという黒いビニールを使って除草を図りつつ、

草の生えたところを草刈り機でおおざっぱに刈り取るという

平井流「ズボラ系・自然農法」を実践、これがなかなかヒットしております。


おかげで、毎日のように大量の野菜が取れております。

なかでも厄介?なのが、すこぶる元気のいいキュウリたち。

毎日10本ぐらいのペースは、さすがに多すぎます。


さて、どうしたもんでしょうか。

山盛りのキュウリを見ながら、目下、相方が格闘中です。。。


posted by もっぴ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

台風。

学生時代には、「台風、やったぁ〜!」なんてばか騒ぎしていたもんですが、

年齢を重ねるにつれ、単にわずらわしいだけの代物になりつつあります。


おとといも、6月としてはかなり久々な台風が東海地方を直撃!

おかげで、タマネギの種のハウスに掛けてあったビニール屋根をすべて取り外し、

去った後は、また掛け直す…なんて、超手間のかかる作業が発生しております(涙)。

ふう〜、自然相手の農家って本当に大変ですね。。。


想定されるリスクをヘッジしながら

安定した収益を上げられる仕組みをどのように確立するのか?

どんなビジネスでも取り組むべきことは一緒なんだろうと思いますが、

ゼロからはじめるというのはなかなか難しいものです。。。


…まあ、だから面白いんですけどね。
posted by もっぴ at 06:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

お米屋さん。

地元の一宮市には、「お米屋さん」というお店があります。

…って、これ、なんのお店だと思いますか?

実は、地元の農協さんが直営する農産物の直売所なんです。


まあ、地元のお米もたくさん置いていますから、間違いではないんですが、

それにしても、知らない人にはなかなか分かりづらいネーミングだよなぁ〜。


というわけで、今週から、この「お米屋さん」で、我らがタマネギの販売をはじめました。

価格も良心的な設定になっておりますし、そのほかの新鮮野菜もたくさんありますから、

ぜひお近くにお立ち寄りの際は、のぞいてみてやってくださいませ。

場所・営業時間などの詳細は、こちらから。
http://www.ja-aichinishi.or.jp/store/index2.html

木曜日の朝には、赤見店、葉栗店に、新タマネギが並ぶ予定です。

posted by もっぴ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

農薬散布。

一般的に、化学肥料や農薬のたぐいは、消費者から相当に毛嫌いされる存在ですが、

最近では、有機栽培に使用された未熟堆肥の土壌汚染や、無農薬で育てることで野菜自体が虫を寄せ付けないように有毒物質を生成することが指摘されていて、

むしろ、化学肥料や農薬を、いかに適切に使うか、が重要だったりします。

とりわけタマネギの種については、冬場の降雪、春先の長雨が大敵で、天気予報とにらめっこしながら、雨の前後、どのタイミングでどんな病気に効く薬を使うのかが、栽培のキモです。

病気の発生を初期で防除できれば、それだけトータルの農薬量も抑えられるわけですし。


うちの農場では、生食用のタマネギは、規定よりもだいぶ少ない低農薬栽培をしてますし、別途、無農薬の野菜なんかも作っていますが、

「病気との戦い」といってもいい、タマネギの種については、この初期防除のための農薬散布を行っています。

というわけで、今後の長雨が予想される今日は、農薬を投入。

農薬が怖いのは、むしろ散布する農家への健康被害ですから、

防塵マスクやゴーグルをつけ、今日も全身完全防備で出動です。


こうした苦労の末に種ができ、それを使ってタマネギが生産され、そして消費者の方の食卓に届く。


そんな現実を伝えていくことも、フリーライター兼農家の僕ならではの仕事なのかな、なんて思います。

posted by もっぴ at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

ご当地グルメ。

先週の木曜日、地元・一宮市内のうどん屋『鈴家』さんに、
うちの畑で獲れた新タマネギを納品してきました。

自信を持ってお出しできる代物だと自負しておりますが、
ご主人からも気に入っていただき、なんだかとってもうれしい気分。
周りの評判も上々のようで、食に携わるものとして、
これほど喜ばしいことはありません。

ちなみに、この新タマネギ、
超極早生品種の季節限定アイテム。
今なら、緑の葉っぱ付きで出荷していますから、
長ネギの代わりに玉葱の葉っぱを使った、
『まるごとタマネギカレーうどん』に出会えるかもしれません!

場所は、一宮市にある奥町公園のすぐ向かい。
機会のある方は、ぜひ一度お試しくださいませ!

posted by もっぴ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

緑のじゅうたん。

うん、いい感じになってきた!



posted by もっぴ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

春を先採り。

今日は、予定していたミーティングが急遽延期になったので、

午前中の雨の状況確認も兼ねて、木曽川町のタマネギ畑へ。



最近、気温が上がってきたおかげで、生食用のタマネギもだいぶ大きくなってきました!



というわけで、ちょっと早いですが、試しにひとつだけ収穫。



早速、電子レンジで4分ほど加熱し、バター&醤油でおいしくいただきました!



これぞ、農家の醍醐味。

posted by もっぴ at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

じゃがいも。

今日は、タマネギの作業を終えて、無農薬栽培をしている畑へ。

昨年から取っておいた、種用のじゃがいもを植えてきました。

順調に育てば、6月の梅雨の時期前ぐらいには収穫の予定です。



そのほか、スナップエンドウ、グリーンピース、ブロッコリーを定植。

うまく育ってくれるといいなぁ〜。

posted by もっぴ at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする