2017年06月29日

ミニスーパーファミコン!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

怒濤のような忙しさも、
だいぶ穏やかな感じになってきまして
やっと平常営業に戻りつつあります。

フリーランサーとしては
忙しいのは喜ばしい限りなのですが、
子どもが小さい時期だけに、
家族との時間もちゃんと確保したくて、
なかなかバランスを取るのは難しいなと、
改めて感じた次第です。

暇すぎるのも苦痛ですが、
忙しすぎるのも考えもの。
そのあたりの舵取りこそ、
フリーランスの永遠のテーマかもしれませんね。

さて、そんな折、
ゲーム好きの僕にとって
うれしいニュースが舞い込んできました!

そうです!
ミニファミコンに続き、
この秋、ミニスーパーファミコンが
発売されることが決定したようです!

いや〜、今回もおそらく
数量限定販売になりそうなので、
早めに予約しておかなければ!

それにしても、今回の件といい、
絶好調のニンテンドースイッチといい、
最近の任天堂は、乗りに乗ってますね!

ポケモンGOが出た時には、
スマホゲームにシフトしていって、
任天堂らしさが損なわれるのではと、
今後に不安を抱いていたのですが、
据え置き機でこれだけ盛り返してくるとは。

やはり、任天堂はスゴかった、ということでしょうか。

ゲーム文化を牽引する企業として、
これからも、子どもも大人も、
安心して楽しく遊べる良質なハード&ソフトを、
作り続けてもらいたいものです。


・・・ああ、これだけ株価が上がるなら、
WiiUがこけた時に買っておくんだった。。。

posted by もっぴ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

荒木選手、祝2000本安打達成!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いよいよ世間は6月に突入。
もうすぐ今年も
半分が過ぎようとしていますね。

先日のブログでも、
「忙しい!」を連呼していた僕ですが、
まだまだ怒濤の忙しさの真っ只中でして、
『ストリートファイター2』で言うところの
頭がピヨピヨしている状態・・・。

2017年で一番の踏ん張りどころだと
覚悟を決めて仕事をこなしている次第です。
「明けない夜はない」という言葉を信じて、
猛烈な嵐をなんとかしのいでおります。

さて、そんな中、
とっても嬉しいニュースが!

中日のベテラン、荒木選手が、
ついに2000本安打を達成しました!
いや〜、スゴイ、スゴいです!!

実はこのブログでも度々書いておりますが、
その昔、地元の某情報誌で1年ほど、
スポーツ関連ページの担当をしていたことがあり、
中日ドラゴンズの選手のインタビューを
させてもらっていた時代がありました。
ちょうど落合監督が就任した2004年です。

そして当時、取材した選手の一人が、
荒木選手だったのです。
すでに10年以上が経過してるんですから、
時の流れって本当に早いものですね。

その時はそれほど意識しなかったのですが、
よくよく考えてみると、同学年!
2000本安打の偉業には程遠いですが、
僕も、地道にコツコツと努力を重ねて、
息の長いライターになりたいものです。

ちなみにその当時、
取材した人で、現役を続けている人がまだいます。
中日ドラゴンズでは、福留選手(現・阪神)。
名古屋グランパスでは、楢崎選手。

続けることの難しさ、すごさを、改めて感じます。
これからも、取材の思い出に浸りつつ、
影ながら応援していきたいと思います!

う〜ん、阪神は応援できないかも、ですが(笑)

posted by もっぴ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

他人に倣うな。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先週の「週刊ダイヤモンド」の特集、
『孫家の教え』という記事を読んで、
子育てについて改めて考えました。

「孫家」とは、あの孫子ではなく、
ソフトバンクの孫正義氏一家のこと。
記事では、その実弟であり、
スマホゲームの「パズドラ」で知られる
ガンホーの設立に参画した孫泰蔵氏が登場。
父からの教えについて語っています。

孫氏が父から受けた教育とは、
@他人に倣うな
A責任を与えよ
B褒めちぎれ
Cユーモアを交える
この4つだったと言います。

特に印象的だったのが@です。

泰蔵氏は、子どもの頃に父から
「先生の言うことを聞くなよ」と言われ、
ショックを受けたそうですが、
その真意は、「何でもうのみにせず、
常識を疑って自分の頭で考え
知恵を絞ることが大切」ということだったようです。

先生の言葉を疑ってみるなんて、
ほとんどの子どもはしないでしょう。
でも、孫一家では、神格化されがちな先生の言葉にも、
クリティカル・シンキングで向かい合っていた。
それを幼少時代からずっと続けてきたからこそ、
成功を掴むことができたといえそうです。
(・・・まあ、同じ人生が歩みたいかどうかは別問題ですが)

「自分で考える力」を身に付けることが、
これからの世界ではずっと大事になるはずです。

孫さんのお父さんに叶うはずもありませんが、
僕もできる限り、「考える力」を養っていけるような
子育てを日々実践したいと思います。

・・・目下、3時の美味しいお菓子と、
ゲームの謎解きを考える力だけは、
だいぶ養われている娘たち2人ですが。。。

posted by もっぴ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

学校って、なんでこうも変わらないの?

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

昨日は、小学校の授業参観でした。

上の娘が小学4年生ですので、
学校には幾度となく足を運んでいますが、
そのたびにいつも思うことがあります。

これだけ世の中が変化しているのに、
どうして学校だけ、
僕らの時代とほとんど
変わっていないんでしょうか?

自治体が違えば違うのかもしれませんが、
僕の娘たちが通う学校では、
いまだにクーラーが未設置ですし、
黒板とチョークというスタイルも
以前のまま継続しています。

教科も、英語とプログラミングが
少しだけ追加される程度。
授業も、先生が黒板に書き、
子どもたちが書き写すという流れはそのまま。

暗記や単純な計算はスマホで出来てしまうので
「考える力」が必要だと言われる昨今ですが、
教える内容も、授業の形式も、
まったくと言っていいくらい以前のままです。

そして、授業参観の後には、PTA総会・・・。
ここで敢えて述べるまでもないですが、
PTAって、すごいですよね・・・。

役員という「犠牲者」を、
保護者全員でなすりつけあっている感じですし、
そもそも存在理由がよく分からない。
いい加減、解体してもいい気がします。

それでも続いているということは、
甘い蜜を吸っている人が
どこかにいるってことなんでしょうが・・・。

少子化対策だ!と本気で叫ぶなら、
もう少し教育まわりの充実をしないと。
結局、投票権がない「声なき世代」は、
後まわしにされちゃうんでしょうね。

老人を殺せ!というつもりはないですが、
日本の未来を考えるなら、
子どもへの投資が最優先だと思うのですが・・・。

いろいろ考えさせられる4月です。

posted by もっぴ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

7歳の誕生日。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

下の娘が、7歳になりました。

親として、それは感慨深いものがありますが、
ふと自分の7歳ってどんな感じだったんだろうと
考える瞬間がありました。

うっすらと覚えているのは、
1年生として、
小学校の教室にいる時の記憶。

習字を習い始めた時の記憶。

家の前のスーパーの駐車場で
キャプテン翼の若林源三を真似して
サッカーしている記憶。

どれもそれなりに鮮明なのですが
それでも、どこかぼんやりとしていて
色あせた写真のような感じがします。

親としてできることは、
これから、徐々に、確実に、
減っていくんだろうと思います。

でも、少しでも記憶に残る
ステキな思い出を刻んでいければ。

仕事も、自分の時間も大事ですが、
限られた家族との時間を、
大切に、有意義に過ごしたいものです。

大変な時期は永遠のように思える子育てですが、
ふと気がつけば、「光陰矢の如し」ですね。

posted by もっぴ at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

いつの時代も、人は仕事を奪われる。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日、原稿執筆のために調べ物をしていたら
こんな記述を見つけました。

「これからはロボットやOA機器に、
仕事を奪われるかもしれない」。

最近は人工知能がにわかに注目され、
同じようなフレーズをよく耳にしますが、
実はこれ、昭和50年代の資料の一文なんです。

人類の歴史は、機械に仕事を奪われ、
新たな職を探す壮大な旅なのかもしれない。

自分が生まれた頃の文章を眺めながら、
ふとそんな風に感じた春のひとときでした。

posted by もっぴ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

1億人を割ると、どうなるんだろう。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

4月10日に発表された
国立社会保障・人口問題研究所の発表によれば、
2053年に日本の総人口は
1億人を割るそうですね。

・・・。

で、どうなんでしょう。

人口が増えすぎると大変だし、
人口が減りすぎても大変だし。

結局、大変だ大変だと不安をあおる
詐欺みたいな感じがするのは、
僕だけじゃないと思います。

確かに若者が減って高齢者が増えれば、
支える世代には負担が大きいかもしれません。
でも、その頃には寿命も延びているわけで、
みんなで働けばそれで済む話じゃないかと。

今みたいに、65歳を過ぎれば
悠々自適の年金暮らしみたいな制度が
逆に特殊というか、変なだけな気がします。

というわけで、僕らが高齢者になる頃には、
働き続けないといけないことはほぼ確定。
65歳でゴールだ!なんて決め込んで
日々の苦役に耐えるなんて仕事のスタンスだと、
ますます厳しい人生になっていきそうです。

これからの時代を考えると、
「好きなことを仕事にする」もしくは、
「仕事を好きになる」ことって、
ますます大事になってくるかなと思います。

posted by もっぴ at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

入社してすぐ辞めるのはあり?なし?

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

4月ももうすぐ中旬。
そろそろ新年度ムードも
抜けてきた頃でしょうか。

さて、そんな折、
ネットニュースで
入社すぐに辞めるのはあり?
みたいな記事を見つけました。

僕は採用関係のコピーの仕事をしていて、
いろいろな会社を訪問します。
それこそ新卒・中途問わず、
様々な業界の人事担当者さんと会い、
その会社の魅力を原稿にしていくわけです。

そんな、採用の仕事をしている僕は?というと、
新卒入社した会社を、2年で辞めました。

それはひとえに、このままでは
やりたい仕事ができないと思ったから。
今のような出版・広告関係が仕事がしたくて、
それができないと判断した会社を離れたわけです。

すぐやめるか? しばらく続けるか?
その判断は、結局のところ
パーソナルな理由に寄るところが大きくて、
一般論で片付けられるもんじゃない。
僕はそんな風に感じています。

もしかしたら1日で違うと悟るかもしれない。
引退間近になって違ったと思うのかもしれない。
その判断に、期間は関係ない気がします。

もちろん、待遇面だけを考えると、
新卒入社してすぐ辞めたとなれば、
転職後の会社によりよい待遇を求めるのは、
なかなか難しいでしょう。

でも、仕事って長い間続けるものだから、
決して待遇で決まるものじゃない。
会社を選ぶ尺度は色々あっていいと思います。

というわけで、僕が考える結論。
辞めたくなった時が、辞めどきです(笑)。

とにかく苦痛で仕方がないなら、スパッと辞めるのも手。
ミスマッチが起こらないのが一番良いですけど、
入ってみてから気づくこともたくさんありますから。
今は、第二新卒でも結構いい企業に入れますしね。

・・・以上、あくまで個人の感想です。
退職はくれぐれも自己責任でお願いします。

posted by もっぴ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

祝・1600記事!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

このブログが始まったのが2009年。
もう8年が経過しましたが、
やっとの思いで1600記事を突破しました。

これも、おっさんライターのブログを
こまめに見に来ていただける
やさしい読者のみなさんのおかげです!

ここ数年は相当なスローペースですが、
今年はもう少しコツコツと更新して、
1700、1800くらいは目指したいなと思います。

いっそのこと2000を目指すか?
あかんあかん、
そんなにブログを更新できたら、
仕事がだいぶヒマなんだと思います。。。

IMG_4095.JPG
▲近くの桜が満開。春はいいですねぇ。

posted by もっぴ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

健康寿命が長くなると、医療財政を圧迫する。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日、とある雑誌を読んでいたら、
「健康寿命を伸ばして医療費削減を!」
みたいな趣旨の記事を見つけました。

実は僕も、ちょっと前まで、
そうだ!そうだ!と思ってました。

ところが、健康寿命が伸びたからといって
医療費は削減されないというのが、
今ではかなりはっきりしているみたいです。

健康寿命が伸びたからといって、
結局、いつか死ぬのは変わらないわけで、
医療費はそれなりに使う。
すると、一生涯の医療費は減るどころか、
現状維持、もしくは増えてしまうんだそうな。

これは「禁煙」についても同じこと。
ずっと紫煙をくゆらしてもらった方が、
ほとんど確実に寿命が縮まり、
一生涯で使う医療は少ないんだそうです。

僕は、人生で2本しかタバコを吸ったことがなく、
同じ部屋に喫煙者がいても意外に平気な人。
それでも、喫煙者が医療費をたくさん使って、
財政が圧迫されるのはいかがなものか
なんて思っていたのですが、
こうなると、喫煙者に対する目も
ずいぶん変わってきます。

むしろ、タバコを吸う人は、
医療財政破綻の危機を救う救世主!?

・・・いやいや、
吸う・吸わないは好みの問題ですが、
やっぱりお知り合いには、
できれば禁煙して
健康で長生きしてもらいたいものです。


ちょうど病院関係の原稿を書いていたもので、
今日は、医療に関するネタでした。

posted by もっぴ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

YouTuberも、フリーライターも。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

どうやら最近の小学生には、
将来の夢が「YouTuber」という子が
かなりの数いるみたいですね。

もちろん、僕らが子どもの時と同じように
プロ野球選手とか、パン屋さんといった
夢を抱く子どもがまあ多数派なわけですが、
そんな中、「YouTuber」が目下増加中というのは
IT社会が進んだ結果というべきなのでしょうか。

実は、YouTuberも、
フリーライターとよく似たところがあります。
それは、今ここで「なります!」と宣言すれば、
基本的に誰でもなれてしまう点です。

例えばこれが、プロ野球選手なら、
活躍するかどうかは置いておいたとしても、
とにかくどこかの球団に入らないといけません。
また、もしパン屋さんだったとしたら、
最低限、パン屋の従業員にはならないといけないですし、
それがオーナーであれば、
店舗や設備がないと不可能です。

そう、YouTuberも、フリーライターも、
他の職業に比べて恐ろしく障壁が低い、というか
壁なんてない!という点で共通しているんです。

プロ野球選手であれば、
ある程度、給与は約束されているでしょう。
仮にお医者さんともなれば、
それ相応の対価が高確率で手に入ります。

一方、YouTuberは? フリーライターは?
そうです、約束されているわけじゃない。
その後の稼ぎは、完全に自分次第です。

YouTuberは厳しいんじゃね?
という人は結構多いです。
確かに厳しいかもしれません。

ただ、もう少し広い視野で
社会全体をぐるりと見渡してみると、
子ども達が大人になる10年後、20年後に
一体どれだけの仕事が残っているのか?

今よりもAIが進んだ世の中で、
確実にあると断言できる仕事なんて、
ないと言っても過言じゃない気がします。

それならば、いっそYouTuberでも、
夢中になれるものがあればいいんじゃないか。
・・・と、なんだか同類の匂いがぷんぷん漂う
おじさんライターは思ったりするわけです。

ところで、自分の娘たちの夢は?というと、
パン屋さんと、クッキー屋さん。
今のところ、フリーライターになる気は、
サラサラなさそうな気配。

嫌いな教科は、国語なんだそうな(笑)

posted by もっぴ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

担任の先生も、会社の上司も、勝手に決まる。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

担任の先生というのは、
一喜一憂する出来事の一つですね。

いい先生にあたれば良いけれど、
悪い先生を避けることはできない。
子どもにとっては、理不尽な制度です。

でも、大人になってよくよく考えてみると、
意外によく出来た仕組みなんですよね。

世の中に出ると、
決して自分の好きな人ばかりに
囲まれているわけじゃないです。

仕事のこと、地域のこと、
子どものこと、いろんな場面で
苦手だな〜という人と
一緒に何かをしなきゃいけない。

もちろん、どうしてもダメな時は、
逃げるという手段もあります。
でも、できれば逃げずに
上手く立ち回れた方がいいわけです。

そんなとき、イヤな先生との経験が
意外と活きてきたりするんですよね。
しかも、イヤだった先生の方が
大人になっても記憶に残っていたりして
なんだか不思議です。

担任の先生に喜んだ人も、
落胆した人もいると思います。

嫌な上司や先輩と巡り合った人もいるでしょう。

春って、そんな季節でもありますよね。
決して華やかな出来事ばかりじゃない。

でも、それはきっと人生修業の一部です。
どうしてもダメな時は、逃げる手もありますが、
まあここは一つ、気持ちを切り替えて、
うまく付き合う方法を探ってやりましょう。

それを乗り越えた先には、
きっと、ひと回りもふた回りも
大きくなった自分が待ってるはずですから。

・・・と、自分にも言い聞かせてみます。
フリーライターも意外と楽じゃないんです(笑)

IMG_4076.JPG
posted by もっぴ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

入学式といえば。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

今日は、下の娘の入学式でした。
時が経つのは早いもので、
ちょっと前に保育園に入園したと思ったら、
もう小学1年生です。
そりゃ、年を取るわけだ(笑)

さて、入学式といえば、
思い出すのが、高校の入学式です。

正確に言えば、入学式じゃないのかな?
実は、高校に入学したての僕は、
いきなり先生に呼び出されました。

なんだろ?
まだ何もしていないはずだぞ?

そんなことを思いながら職員室に行くと、
なんでも、1年生の代表として
新入生のあいさつをして欲しいという依頼でした。

いきなりの大役です。

2年生、3年生の前でのあいさつ。
緊張のあまり眠れなかったのか、
高校までの道をきちんと把握してなかったのか、
僕は、その日、やらかしてしまいました。

なんと、家を出るのが
だいぶ遅れてしまったのです!

慌てた僕は、それこそ猛ダッシュ!
自転車を大急ぎで走らせたのですが、その時!

キキイィィィィーーー!!
ガシャーン!!

そうなんです・・・。
初日から車にはねられたのでした。
完全に僕の飛び出しが原因です。

ただ、あいさつをしないと!と思った僕は、
あろうことか、車にはねられたにも関わらず、
そのまま高校に向かったのでした。
ズボンの膝は、大きな穴があいてました。

今思えば、若気の至りですが、
不慣れな道は、危険がいっぱいです。

新生活がいよいよ始まりますが、
みなさん、くれぐれも事故にはご注意を!

僕みたいなおっちょちょいは珍しいと思いますが。


posted by もっぴ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

スイッチとゼルダ。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

最近、我が家では、
待ち時間にスイッチが大活躍しています。

ゲームがお好きな方以外には、
「スイッチ」といっても
何のことだか分からないかもしれませんね。

任天堂から3月に発売された
新しいゲーム機のことです。

大の任天堂フリークだけに、
前から期待していたのですが、
正直、発売と同時にマリオが出ないなんて、
大丈夫かな〜と思っていました。

ところが!
そんな心配は杞憂に終わりました。

ゼルダの新作、すごい!!
SFC世代のおっさんゲーマーは、
今までオープンワールドなるものを
経験したことがなかったのですが、
まるで別の世界に迷い込んだかのような没入感!
これは、本当にすごいの一言です。

けっして安い買い物ではありませんが、
絶対に損はしないと言い切れるほどのクオリティ。
もしかしたら人生ナンバーワンかも。
それぐらいの名作感がビンビン伝わってきます!

・・と、
すっかり熱くなってしまいましたが、
実は外出先では、娘たちの
時間つぶしツールと化しております。

先日も、行列に並んでいると、
まだスイッチ自体が珍しいせいか・・・、

「あ、あれがスイッチか!」
「みてみて、スイッチだよ!」
「ああ、ゼルダやりてぇ!!」

娘のプレイをのぞき込みながら、
思わず声を上げる人が多数。

IMG_4033.JPG

思わぬところで注目を浴びた娘が、
有名人気分に浸っているのがおかしくて。

ともあれ、最近は苦境が続く任天堂ですが、
スイッチと、新作ゼルダに、
ゲームメーカーとしての矜持を見た気がします。


posted by もっぴ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

戦友との別れ。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

そろそろ本格的に春ですね。
春といえば、出会いと別れの季節です。

田んぼに突っ込んだり、
シフトレバーが壊れて固まったり。
また、ある時は、
先輩農家のしごきに車中で涙したこと・・・
・・・は、なかったかな。。

そんな新規就農の苦楽を共にした相棒が、
ついに、逝きます。

IMG_3464.JPG

まだしばらく
乗れそうな気もしましたが、
シートは剥がれ、
手動式の窓レバーは外れ、
荷台の金具はぷらんぷらん。

さすがに引導を渡す時期かと思い、
悩みながらも決断しました。

別れ際、後ろ髪を引かれるように
写真を撮っていると、
中古車店のスタッフさんが
「一緒に撮りましょうか?」と。

軽トラと写真なんて、なんだか
恥ずかしくて断りましたが、
ちょっと後悔している自分がいます。

posted by もっぴ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

自由業は、不自由業。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

あっという間に今年も2カ月が過ぎようとしています。
なんだかもう、はっきり記憶がないくらい忙しかったですが、
険しい山もやっと峠を越えそうな気配です。ふぅ・・・。

さて、先日、ふとしたことで、
嫁さんと「自由業って?」という話になりました。

アンケートなどで職業を選択する際、
だいたい「自由業」というのがありますよね。

「自由」とは、なんとも甘美な響きですが、
個人的には自堕落な印象を強く感じてしまうので、
いつも「自営業」というのを選択している僕。

でも、つまるところ、「自由業って何?」と
改めて考えてしまったわけです。
なので、ちょっくら辞書で調べてみました。

自由業:
一定の雇用関係によらず、
時間に束縛されないで、独立して営む職業。
多くは特別な技能・技術・知識に基づく専門的職業で、
芸術家・芸能人・医師・弁護士・会計士・文筆業など。
(デジタル大辞泉より)

一定の雇用関係によらず、
時間に束縛されないで・・・って。。。
むしろ「拘束されてる感」が強いですが。

営業をしていたサラリーマン時代の方が、
よっぽど自由だった気がします。

・・・ん? それは僕がサボってただけか??

posted by もっぴ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

冬場の熾烈な防衛戦。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

忙しさにかまけてブログを更新していない間に、
今年も1カ月が過ぎ、2月に突入しておりました。

2月といえば、僕の39回目の誕生日!
30代ラストイヤーということで、
1年間、良い感じの40歳になるための、
布石をしっかり打っておきたいな、と思います。

・・・え? 「まだ30代だったの?」って?
そうですよ、顔はすっかり40代ですけど!!

さて、定番の自虐ネタを披露したところで、
冬といえば、我が家にとって
すっかり恒例となりつつあるのが、
あのウイルスとの戦いです。

そう、インフルエンザであります!

小学校でもだいぶ猛威を振るっているみたいで、
ついに今週初め、小学3年生の上の娘が、
忌まわしき奴らに罹患してしまいました・・・。

普段から、うがい・手洗いを徹底し、
さらには「Rー1」を家族で飲んでいるのですが、
昨年に続き、今年もインフルエンザの餌食に!
もう、Rー1の乳酸菌バリアは奴らに効かないのか・・・。
なんて、悠長に肩を落としている場合ではありません!

下請けの外注ライターたるもの、
一番やってはいけないのが、
取材をドタキャンすること。

取材・執筆を依頼してくださった
発注先はもちろん、取材先、その他
一緒に現場で動くスタッフ一同にも
多大な迷惑を掛けてしまう一大事!

病気だから仕方がないか・・・では、
簡単に済ませられないのがツライところです。

というわけで、インフル警報が発令された我が家では、
まず夫婦で病院に走り、予防薬を早々に入手!
こまめに換気するなど地道な努力の甲斐もあって、
目下、なんとか犠牲者1人で食い止めております。

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、
娘の熱も下がって体調も回復し、
ひとまず戦いの正念場は乗り越えた模様。

子どもがもらってくるのは致し方ない面もありますが、
まだまだ各地で猛威を振るっているようですし、
みなさんも、どうかお気を付け下さいませ。


posted by もっぴ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

今年の目標はまず・・・。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

オフィス・ヒライも
今日あたりから本格的に仕事初めです。
・・・と言いながら、原稿をしてみたり、
農作業に繰り出したりと、なんだかんだで
完全オフとはならなかったわけですが。

さて、そんなこんなで2017年、
今年の目標でも立てねばと考えているわけですが、
早速一つ、手近なところでやるべき事が見つかりました。

これです。

IMG_2611.JPG

年末、ネットでぽちぽちしすぎたせいで、
立派な積ん読タワーが出来上がっております。

まずはこちらを早々に読破したいと思います。
張り切って分厚い本ばかり購入してしまい、
若干後悔しているのはここだけのヒミツです。

ついつい高い目標を立てがち。
年末年始あるある、でした。

posted by もっぴ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

謹賀新年2017。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

新年あけましておめでとうございます。

フリーライターとして独立し、
雑誌に記事を書き始めたのが2002年。
あれから今年で15年になります。

節目を迎えた2017年は、
より一層パワフルに、
いろんなことにトライしたいと思います。

酉年だけに、さらなる飛躍の1年に。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


FullSizeRender.jpg


IMG_2606.JPG


IMG_2541.JPG

posted by もっぴ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

人生はロールプレイング。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いよいよ大晦日ですね。
皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?
僕の方は、来年の仕事をスタートダッシュすべく、
買い物をしたり、色々と準備をしているところです。

昨日のうちに毎年恒例の「先取り初詣で」も終えて、
31日の今日は、比較的ゆっくりできるかな〜といった感じです。
いつもバタバタした1日になることが多いですが、
例年よりはリラックスした年の瀬といったところでしょうか。

さて。

昨日は、かなり前から楽しみにしていた
テレビ番組をかじりつくように鑑賞しました。

NHKで放送されたドラゴンクエスト30周年記念番組、
『ドラゴンクエスト30th〜そして新たな伝説へ〜』です!

あのドラクエ大好き俳優の山田さんがナレーションを務め、
堀井雄二さんに直接質問をぶつけるなど、
コアなゲームファンならずとも必見の贅沢な内容!
スーファミ風の画面づくりもかなり凝っていて
番組制作スタッフの方々の気合いが伝わってきました。

番組の最後、堀井雄二さんが登場し、
「人生はロールプレイング」というメッセージを
サインと共に書き添えている映像が流れました。
どうやら、堀井さんが最近気に入っている言葉のようです。


失敗して財産は減っても、経験値は減らないこと。

転職すると、最初のうちはうまくいかないこと。

女性の甘い誘惑には、なにかウラがあること。

実は、遊び人が、賢者になれたりすること。

きちんとメモを取らないと、大変なことになること。

飲みニケーションが、新しい仲間との出会いを生むこと。


そして何より、

誰もが、勇者になれること。


今思えば、人生の教訓が詰まっていました。

子どもの頃に出会った「ドラクエ」は、
きっと、僕らの行く末を明るく照らす
"光の玉”だったのではないか、と思います。

「誰もが、脇役じゃなく、人生という物語の主人公」。

子どもに夢を与え続けてきたゲームデザイナーは、
もともとフリーライターとして仕事をしていました。

僕も堀井さんみたいに、子どもを勇気づけ、
その後の人生に影響を与えるような
ステキな仕事がしてみたいな〜。

・・・昨日は、そんなことを思いながら、
岐阜のおちょぼさんで、
来年の商売繁盛を祈願してきました。


それでは、皆さん、
今年も色々とお世話になりました。

よいお年をお迎え下さい!

IMG_2578.JPG

posted by もっぴ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする