2017年12月08日

2018年の大予測。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

数年前から、経済関連の話題に強くなるため、
ビジネス誌をいくつか定期購読しております。

その一冊、『日経ビジネス』の最新号が
本日手元に届いたわけですが、
今回の特集のタイトルは「2018年大予測」。

どの雑誌でも恒例の年末企画で、
これが始まると、いよいよ
年の瀬も迫ってきたなと感じます。

それにしても、中身を見てみると
専門家たちの意見はホントにバラバラ(笑)
全く反対の予想なんかもあったりして、
一体どれを信じていいものやら・・・。

まあ、予測と言っても占いみたいなもんで、
いわば、当たるも八卦当たらぬも八卦。
結局のところ、来年のことは、
来年になってみないと分からないというのが
正しい答えなんでしょう。

予測は予測だと割り切って考えて、
あえて逆を行くぐらいの心持ちの方が、
かえって成功に近かったりするかも、ですね。

・・・ちなみに、この手の企画には
よく経済評論家を名乗る人が登場するわけですが、
そんなに確実に未来が見通せるなら、
とっくに投資で一財産築いているわけでして。。
経済評論家をやって日銭を稼いでいる時点で、
その人の発言に信憑性がないのでは?と
勘ぐってしまう僕は、相当な性悪男でしょうか(笑)

あかん!あかん!
こんなこと言ってたら
色々と敵を作りそうだ。

posted by もっぴ at 21:54| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

まずは基本の読む力を。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いきなりですが、問題です。

<1>
幕府は、1639年、
ポルトガル人を追放し、
大名には沿岸の警備を命じた。

<2>
1639年、ポルトガル人は追放され、
幕府は大名から
沿岸の警備を命じられた。

さて、1と2の内容は
同じですか? 
それとも異なりますか?

・・・
・・・
・・・

答えは、

・・・
・・・
・・・

「異なる」です!

先日の新聞記事によれば、
実はこの問題、全国平均の
中学生の正答率が「57%」。
半分近くが間違えるんだそうな。


英語とか、プログラミングとか、
新たな授業科目の導入が
話題にのぼることの多い昨今ですが、
やっぱり教育の基礎となるのは、
教科書を正しく読めるかどうか。

まずはしっかりと文章を読み
理解できる力を身に付ける。
そんな部分こそ手を抜かずに
頑張ってもらいたいところです。


・・・だって、世の中、文章の意味を
理解できない人ばかりになったら、
フリーライターなんて商売あがったり(苦笑)。

活字離れも、ここまで来ると
いよいよ死活問題な気がします。

時代は、文字より写真や動画になりつつありますが、
最初はマンガでもラノベでもいいので
とにかく本を読んで欲しいなぁ〜、職業柄。

posted by もっぴ at 19:00| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

祝!グランパスJ1復帰!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日の日曜日、
福岡との一戦をドローでしのぎ、
晴れて名古屋グランパスが
1年でのJ1返り咲きを果たしました!

いや〜、良かった良かった!
パチパチパチパチ!!

はっきり申し上げておきます。
10年以上昔、選手インタビューを
仕事にしていた時には
それなりに観戦していた僕ですが、
今やJリーグ観戦すらほとんどしていない
完全なるにわかサッカーファンです。

でも、そんな僕でもやっぱり、
地元チームの昇格はうれしいもの!

さて、来シーズンは
どんなサッカーを見せてくれるのか?
来年は、久々にスタジアムに行ってみようかなぁ。

過去、FC岐阜の試合を何度か見に行きましたが、
完全にポケモンか何かと勘違いし、
ラモス〜!!(当時監督)と駆け寄って
キョトンとしながら握手をしてもらっていた
娘たち2人も、すでに小学生。

できれば、家族で行きたいところですが、
やつらをどう説得してスタジアムに向かうのか。
それが一番厄介な問題になりそうです。

posted by もっぴ at 09:21| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

歴史とは変わるもの。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

どうやら、高校の歴史の教科書から
たくさんの用語が削られるようですね。
坂本龍馬、上杉謙信、武田信玄など、
僕らにとってはかなりなじみ深い人物も
削減対象に挙げられているようです。

実はちょうど今、歴史関連の書籍の
編集作業に携わっているところでして、
個人的にかなりホットな話題だったりします。

名古屋でいうと、「桶狭間の戦い」が
なくなる可能性が高いというのは、
結構大きな出来事だと思います。

鎌倉幕府の誕生が、いつの間にか
1192年ではなく1185年に変わっているように、
歴史はその時代の解釈によって
少しずつ変わっていくのが常ですが、
教科書だって時代に応じて変化するのが
しかるべき姿ということでしょうか。

現代は、変化の激しい時代だと言われます。
ただ、過去を記述した歴史の教科書でさえ、
これだけ移ろいやすいことを考えれば、
「変化して当然」ということかもしれないですね。

「変化を楽しむ」。
これぐらいの気構えていたいものです。

posted by もっぴ at 07:01| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

師走を駆ける。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

気がつけば、いよいよ師走ですね。
なんだか年齢を重ねるごとに
1年が早くなっていくのは
気のせいでしょうか。

ラスト1カ月。
2017年をきちんと締めくくれるよう、
最後まで走り切りたいと思います。

目下の目標は、
年内に年賀状を書き終えること。
さて、できるかどうか・・・(笑)

ぎっしり詰まった予定を眺める限り、
すでに達成は難しそうな気配です。。。

posted by もっぴ at 20:23| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

仕事と子育てとの折り合い。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日、仕事の関係で飲む機会がありました。

一宮市に引っ越してからというもの、
飲むこと自体が少なくなった僕ですが、
出張先だったこともあり、ビールに日本酒にと
それなりに酔っ払った状態になりました。

で、そんな良い感じのところで出てきたのが
「仕事と子育てとの両立」という
まあちょっと厄介なお話でした。

僕は24歳からフリーランスをしていて、
何かと時間に融通が利きやすいですが、
サラリーマンとなれば、
なかなかそうはいかないでしょう。

そんな状態で、子育てという重荷が
ずっしりとその身に降りかかってくれば・・・。
誰しも、肉体的に、精神的に
追い込まれる瞬間が訪れるものです。

家庭を持ち、子育てに向き合うのは
おそらく30代という方が多いのではないでしょうか。
仕事においても重要な役どころを託される時期で、
「ああ、独り身ならどんなに楽か!」と
心の中で叫んでいる人も少なくないと思います。

これは、以前に読んだ本の受け売りですが、
仕事にすべての時間を捧げておきながら、
家族との良好な関係を保とうなんて、
それはどう考えても虫の良い話です。

例えば、会社の経営に置き換えてみると、
持てる資源をきちんと振り分けることで、
それぞれの事業が成長していくわけです。

ちょっとドライな表現ですが、
詰まるところ、人生も同じこと。

どういう人生を歩みたいかを考え、
仕事、家族、友人、地域・・・など、
自分が大切だと考える事柄に対して
持てる資源(時間・お金など)を振り向けていく。
だからこそ、多少のブレはあるものの
相応のリターンが得られるわけで、
何も投資していない事柄からは、
リターンは得られない、ということです。

子どもと良い関係を築きたいと思いながら、
種まきをせず、水や肥料もやらない。
それなのに、実りだけは求めてしまう。

そんなパパにならないように、
きちんと子育てに向き合いたいものです。

自戒の念を込めて。

posted by もっぴ at 05:45| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

ママたち、お疲れさまです。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いよいよ9月ですね。
もう今年も3分の1。
時が経つのは早いもので。

そして、今日は、始業式。
子どもたちの姿を見送った相方は、
ゲームのコントローラを握りしめ、
思わずガッツポーズ!(笑)
やっと地獄の“夏連勤”が終わりを告げました。

子どもはカワイイけれど、
親たちだって休みが欲しい。
ある調査では、子どもがいる夫婦より、
子どもがいない夫婦の方が、
幸福度が高いというデータもあったりで、
喜び以上に苦労も多いのが、子育ての現実です。

少しばかり羽根を伸ばすと、
すぐに帰宅&土日に突入してしまいますが、
ともあれ、世の中のママたち、
本当にお疲れさまでございます。

ええ、フリーライターの平井は、
女性の味方ですぞ(笑)

posted by もっぴ at 10:29| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

父の背中の小さいこと、小さいこと。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

今でこそライターという
仕事でメシを喰っている僕ですが、
小学校時代にはとにかく絵が得意で、
地元・一宮市で開催される写生大会では、
いつも学校内の賞をもらっていました。

そんなわけで、娘たちには、
「パパは昔、絵が得意でね・・・」なんて
いつも話していたわけですがーー。

今年、娘の絵が、学校内の賞に留まらず、
学校代表として市の博物館で展示されることに!
思いのほかあっさりと
父の背中を追い越していきました。。。

IMG_5313.JPG

IMG_5315.JPG

威厳がなくなるその前に、
父もいろいろと頑張りたいと思います!
・・・って、娘の活躍を見て
奮起しているようでいいんだろうか?

ま、僕らしくていいか。

posted by もっぴ at 20:05| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

底抜けの明るさ。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

昨日は、名古屋市内で
グルメ関係の取材のお仕事でした。

最近は、一般企業や高校・大学など
けっこうお堅い系の仕事が多く、
街の飲食店さんの取材は
かなり少なくなっているわけですが、
繁盛店のご主人たちとお話しするのは、
やっぱり楽しなぁ〜とつくづく思います。

昨日は、とあるうどん屋さんにお邪魔しました。
もちろん、取材した料理も良かったわけですが、
なにより、ご主人と奥さんのお人柄がサイコー!
もう、しゃべり始めたら止まらなくて(笑)
インタビューさせてもらう側としては、
とっても楽なお仕事でした!

いつも思うことですが、
どれだけ絶品の料理を用意しても、
結局のところ、お店を左右するのは、
「人」なんじゃないかな、と。
改めてそう感じさせてくれた素敵な一軒でした。

こういうステキな出会いこそ、
僕がライターを続ける原動力です。

・・・実はかなりの人見知りでして、
一期一会で終わることが大半なのですが。

posted by もっぴ at 19:00| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

950試合登板の新記録!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

気が付けば、もう8月ですね。

怒涛の収穫(農業の方ね)がひと段落し、
ちょっと呆けているここ数日。

とはいえ、年度末までに発行する本の
編集作業なんかがあったりして、
一服させてもらえなさそうな雰囲気です。
原稿もいろいろと抱えているし、
まあ、例年通りの夏ですかね〜(遠い目)

さて、そんなアラフォーライターにとって
とってもうれしい記録達成のニュース!

なんと、中日の岩瀬投手が
950試合登板という大記録を達成しました!
40歳を超えてなお一線で活躍し続けるとは、
ホントにすごいの一言です!

先発ピッチャーじゃないからねぇ、なんて
穿った見た方をする向きもあるようですけど、
毎試合、ないかもしれない出番のために
ブルペンで肩を作り続けてきたことを考えると、
もしかしたら、先発以上に大変かもしれない。

まさしく中年の星!
なんだかこちらも勇気づけられます!

……なんて言う年齢になったんだな〜と、
しみじみ感じる今日この頃です。

ちなみに、ちゃんと調べてみたら
このブログを始めたのは2006年1月(!)
もう10年以上続いていることに、
今さらながら気づいたわけですけど、
当時はまだ20代。若かったなぁ。。。


posted by もっぴ at 13:30| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ミニスーパーファミコン!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

怒濤のような忙しさも、
だいぶ穏やかな感じになってきまして
やっと平常営業に戻りつつあります。

フリーランサーとしては
忙しいのは喜ばしい限りなのですが、
子どもが小さい時期だけに、
家族との時間もちゃんと確保したくて、
なかなかバランスを取るのは難しいなと、
改めて感じた次第です。

暇すぎるのも苦痛ですが、
忙しすぎるのも考えもの。
そのあたりの舵取りこそ、
フリーランスの永遠のテーマかもしれませんね。

さて、そんな折、
ゲーム好きの僕にとって
うれしいニュースが舞い込んできました!

そうです!
ミニファミコンに続き、
この秋、ミニスーパーファミコンが
発売されることが決定したようです!

いや〜、今回もおそらく
数量限定販売になりそうなので、
早めに予約しておかなければ!

それにしても、今回の件といい、
絶好調のニンテンドースイッチといい、
最近の任天堂は、乗りに乗ってますね!

ポケモンGOが出た時には、
スマホゲームにシフトしていって、
任天堂らしさが損なわれるのではと、
今後に不安を抱いていたのですが、
据え置き機でこれだけ盛り返してくるとは。

やはり、任天堂はスゴかった、ということでしょうか。

ゲーム文化を牽引する企業として、
これからも、子どもも大人も、
安心して楽しく遊べる良質なハード&ソフトを、
作り続けてもらいたいものです。


・・・ああ、これだけ株価が上がるなら、
WiiUがこけた時に買っておくんだった。。。

posted by もっぴ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

荒木選手、祝2000本安打達成!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いよいよ世間は6月に突入。
もうすぐ今年も
半分が過ぎようとしていますね。

先日のブログでも、
「忙しい!」を連呼していた僕ですが、
まだまだ怒濤の忙しさの真っ只中でして、
『ストリートファイター2』で言うところの
頭がピヨピヨしている状態・・・。

2017年で一番の踏ん張りどころだと
覚悟を決めて仕事をこなしている次第です。
「明けない夜はない」という言葉を信じて、
猛烈な嵐をなんとかしのいでおります。

さて、そんな中、
とっても嬉しいニュースが!

中日のベテラン、荒木選手が、
ついに2000本安打を達成しました!
いや〜、スゴイ、スゴいです!!

実はこのブログでも度々書いておりますが、
その昔、地元の某情報誌で1年ほど、
スポーツ関連ページの担当をしていたことがあり、
中日ドラゴンズの選手のインタビューを
させてもらっていた時代がありました。
ちょうど落合監督が就任した2004年です。

そして当時、取材した選手の一人が、
荒木選手だったのです。
すでに10年以上が経過してるんですから、
時の流れって本当に早いものですね。

その時はそれほど意識しなかったのですが、
よくよく考えてみると、同学年!
2000本安打の偉業には程遠いですが、
僕も、地道にコツコツと努力を重ねて、
息の長いライターになりたいものです。

ちなみにその当時、
取材した人で、現役を続けている人がまだいます。
中日ドラゴンズでは、福留選手(現・阪神)。
名古屋グランパスでは、楢崎選手。

続けることの難しさ、すごさを、改めて感じます。
これからも、取材の思い出に浸りつつ、
影ながら応援していきたいと思います!

う〜ん、阪神は応援できないかも、ですが(笑)

posted by もっぴ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

他人に倣うな。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先週の「週刊ダイヤモンド」の特集、
『孫家の教え』という記事を読んで、
子育てについて改めて考えました。

「孫家」とは、あの孫子ではなく、
ソフトバンクの孫正義氏一家のこと。
記事では、その実弟であり、
スマホゲームの「パズドラ」で知られる
ガンホーの設立に参画した孫泰蔵氏が登場。
父からの教えについて語っています。

孫氏が父から受けた教育とは、
@他人に倣うな
A責任を与えよ
B褒めちぎれ
Cユーモアを交える
この4つだったと言います。

特に印象的だったのが@です。

泰蔵氏は、子どもの頃に父から
「先生の言うことを聞くなよ」と言われ、
ショックを受けたそうですが、
その真意は、「何でもうのみにせず、
常識を疑って自分の頭で考え
知恵を絞ることが大切」ということだったようです。

先生の言葉を疑ってみるなんて、
ほとんどの子どもはしないでしょう。
でも、孫一家では、神格化されがちな先生の言葉にも、
クリティカル・シンキングで向かい合っていた。
それを幼少時代からずっと続けてきたからこそ、
成功を掴むことができたといえそうです。
(・・・まあ、同じ人生が歩みたいかどうかは別問題ですが)

「自分で考える力」を身に付けることが、
これからの世界ではずっと大事になるはずです。

孫さんのお父さんに叶うはずもありませんが、
僕もできる限り、「考える力」を養っていけるような
子育てを日々実践したいと思います。

・・・目下、3時の美味しいお菓子と、
ゲームの謎解きを考える力だけは、
だいぶ養われている娘たち2人ですが。。。

posted by もっぴ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

学校って、なんでこうも変わらないの?

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

昨日は、小学校の授業参観でした。

上の娘が小学4年生ですので、
学校には幾度となく足を運んでいますが、
そのたびにいつも思うことがあります。

これだけ世の中が変化しているのに、
どうして学校だけ、
僕らの時代とほとんど
変わっていないんでしょうか?

自治体が違えば違うのかもしれませんが、
僕の娘たちが通う学校では、
いまだにクーラーが未設置ですし、
黒板とチョークというスタイルも
以前のまま継続しています。

教科も、英語とプログラミングが
少しだけ追加される程度。
授業も、先生が黒板に書き、
子どもたちが書き写すという流れはそのまま。

暗記や単純な計算はスマホで出来てしまうので
「考える力」が必要だと言われる昨今ですが、
教える内容も、授業の形式も、
まったくと言っていいくらい以前のままです。

そして、授業参観の後には、PTA総会・・・。
ここで敢えて述べるまでもないですが、
PTAって、すごいですよね・・・。

役員という「犠牲者」を、
保護者全員でなすりつけあっている感じですし、
そもそも存在理由がよく分からない。
いい加減、解体してもいい気がします。

それでも続いているということは、
甘い蜜を吸っている人が
どこかにいるってことなんでしょうが・・・。

少子化対策だ!と本気で叫ぶなら、
もう少し教育まわりの充実をしないと。
結局、投票権がない「声なき世代」は、
後まわしにされちゃうんでしょうね。

老人を殺せ!というつもりはないですが、
日本の未来を考えるなら、
子どもへの投資が最優先だと思うのですが・・・。

いろいろ考えさせられる4月です。

posted by もっぴ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

7歳の誕生日。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

下の娘が、7歳になりました。

親として、それは感慨深いものがありますが、
ふと自分の7歳ってどんな感じだったんだろうと
考える瞬間がありました。

うっすらと覚えているのは、
1年生として、
小学校の教室にいる時の記憶。

習字を習い始めた時の記憶。

家の前のスーパーの駐車場で
キャプテン翼の若林源三を真似して
サッカーしている記憶。

どれもそれなりに鮮明なのですが
それでも、どこかぼんやりとしていて
色あせた写真のような感じがします。

親としてできることは、
これから、徐々に、確実に、
減っていくんだろうと思います。

でも、少しでも記憶に残る
ステキな思い出を刻んでいければ。

仕事も、自分の時間も大事ですが、
限られた家族との時間を、
大切に、有意義に過ごしたいものです。

大変な時期は永遠のように思える子育てですが、
ふと気がつけば、「光陰矢の如し」ですね。

posted by もっぴ at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

いつの時代も、人は仕事を奪われる。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日、原稿執筆のために調べ物をしていたら
こんな記述を見つけました。

「これからはロボットやOA機器に、
仕事を奪われるかもしれない」。

最近は人工知能がにわかに注目され、
同じようなフレーズをよく耳にしますが、
実はこれ、昭和50年代の資料の一文なんです。

人類の歴史は、機械に仕事を奪われ、
新たな職を探す壮大な旅なのかもしれない。

自分が生まれた頃の文章を眺めながら、
ふとそんな風に感じた春のひとときでした。

posted by もっぴ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

1億人を割ると、どうなるんだろう。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

4月10日に発表された
国立社会保障・人口問題研究所の発表によれば、
2053年に日本の総人口は
1億人を割るそうですね。

・・・。

で、どうなんでしょう。

人口が増えすぎると大変だし、
人口が減りすぎても大変だし。

結局、大変だ大変だと不安をあおる
詐欺みたいな感じがするのは、
僕だけじゃないと思います。

確かに若者が減って高齢者が増えれば、
支える世代には負担が大きいかもしれません。
でも、その頃には寿命も延びているわけで、
みんなで働けばそれで済む話じゃないかと。

今みたいに、65歳を過ぎれば
悠々自適の年金暮らしみたいな制度が
逆に特殊というか、変なだけな気がします。

というわけで、僕らが高齢者になる頃には、
働き続けないといけないことはほぼ確定。
65歳でゴールだ!なんて決め込んで
日々の苦役に耐えるなんて仕事のスタンスだと、
ますます厳しい人生になっていきそうです。

これからの時代を考えると、
「好きなことを仕事にする」もしくは、
「仕事を好きになる」ことって、
ますます大事になってくるかなと思います。

posted by もっぴ at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

入社してすぐ辞めるのはあり?なし?

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

4月ももうすぐ中旬。
そろそろ新年度ムードも
抜けてきた頃でしょうか。

さて、そんな折、
ネットニュースで
入社すぐに辞めるのはあり?
みたいな記事を見つけました。

僕は採用関係のコピーの仕事をしていて、
いろいろな会社を訪問します。
それこそ新卒・中途問わず、
様々な業界の人事担当者さんと会い、
その会社の魅力を原稿にしていくわけです。

そんな、採用の仕事をしている僕は?というと、
新卒入社した会社を、2年で辞めました。

それはひとえに、このままでは
やりたい仕事ができないと思ったから。
今のような出版・広告関係が仕事がしたくて、
それができないと判断した会社を離れたわけです。

すぐやめるか? しばらく続けるか?
その判断は、結局のところ
パーソナルな理由に寄るところが大きくて、
一般論で片付けられるもんじゃない。
僕はそんな風に感じています。

もしかしたら1日で違うと悟るかもしれない。
引退間近になって違ったと思うのかもしれない。
その判断に、期間は関係ない気がします。

もちろん、待遇面だけを考えると、
新卒入社してすぐ辞めたとなれば、
転職後の会社によりよい待遇を求めるのは、
なかなか難しいでしょう。

でも、仕事って長い間続けるものだから、
決して待遇で決まるものじゃない。
会社を選ぶ尺度は色々あっていいと思います。

というわけで、僕が考える結論。
辞めたくなった時が、辞めどきです(笑)。

とにかく苦痛で仕方がないなら、スパッと辞めるのも手。
ミスマッチが起こらないのが一番良いですけど、
入ってみてから気づくこともたくさんありますから。
今は、第二新卒でも結構いい企業に入れますしね。

・・・以上、あくまで個人の感想です。
退職はくれぐれも自己責任でお願いします。

posted by もっぴ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

祝・1600記事!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

このブログが始まったのが2009年。
もう8年が経過しましたが、
やっとの思いで1600記事を突破しました。

これも、おっさんライターのブログを
こまめに見に来ていただける
やさしい読者のみなさんのおかげです!

ここ数年は相当なスローペースですが、
今年はもう少しコツコツと更新して、
1700、1800くらいは目指したいなと思います。

いっそのこと2000を目指すか?
あかんあかん、
そんなにブログを更新できたら、
仕事がだいぶヒマなんだと思います。。。

IMG_4095.JPG
▲近くの桜が満開。春はいいですねぇ。

posted by もっぴ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

健康寿命が長くなると、医療財政を圧迫する。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日、とある雑誌を読んでいたら、
「健康寿命を伸ばして医療費削減を!」
みたいな趣旨の記事を見つけました。

実は僕も、ちょっと前まで、
そうだ!そうだ!と思ってました。

ところが、健康寿命が伸びたからといって
医療費は削減されないというのが、
今ではかなりはっきりしているみたいです。

健康寿命が伸びたからといって、
結局、いつか死ぬのは変わらないわけで、
医療費はそれなりに使う。
すると、一生涯の医療費は減るどころか、
現状維持、もしくは増えてしまうんだそうな。

これは「禁煙」についても同じこと。
ずっと紫煙をくゆらしてもらった方が、
ほとんど確実に寿命が縮まり、
一生涯で使う医療は少ないんだそうです。

僕は、人生で2本しかタバコを吸ったことがなく、
同じ部屋に喫煙者がいても意外に平気な人。
それでも、喫煙者が医療費をたくさん使って、
財政が圧迫されるのはいかがなものか
なんて思っていたのですが、
こうなると、喫煙者に対する目も
ずいぶん変わってきます。

むしろ、タバコを吸う人は、
医療財政破綻の危機を救う救世主!?

・・・いやいや、
吸う・吸わないは好みの問題ですが、
やっぱりお知り合いには、
できれば禁煙して
健康で長生きしてもらいたいものです。


ちょうど病院関係の原稿を書いていたもので、
今日は、医療に関するネタでした。

posted by もっぴ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする