2018年04月01日

新年度。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

今年も3ヶ月が終わりました。
そして、今日から新たな年度の始まりです。

この3ヶ月、年またぎの案件を引きづりながら、
ズルズルと忙しい状態が続いていましたが、
それらもやっと終わりを迎えまして、
それなりにすっきりとした気分で
新たなスタートが切れそうな感じがしています。

平成30年のテーマは、「新たな挑戦」。

尊敬する同じ業界の先輩から、
「最近、昔のような勢いがなくなった」と
言われたのが、そもそものきっかけです。

年齢を重ね、40代に突入し、
昔のような瞬発力は無くなりつつある
・・・なんて、弱音を吐いている自分の頭を
がつんと叩かれたような気分でした。

年齢という言い訳に逃げている。
そんな自分に改めて気付いた瞬間でした。

もちろん、無理しすぎもいけません。
ほどほどにブレーキをかける必要も
あるかもしれません。

ただ、あの頃は違っていました。
テレビを廃し、お酒を断ち、
もちろん、女もギャンブルも
大好きなゲームだってしなかった。
まるで求道者のように
ストイックに仕事と向き合い続ける
自分がいました。

その当時に比べれば、
まだまだ無駄な時間を省き、
自分を高めていくことはできるはずです。

先日、ラジオでこんな言葉を聞きました。

「我以外皆我師」

自分以外はすべて何を教えてくれる先生だ。

そんな謙虚な姿勢で学び続け、残り9ヶ月、
色々な種まきをしていきたいと思います。

posted by もっぴ at 08:29| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

AI vs. 教科書が読めない子どもたち。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

ふう。待ち時間、結構長いかも・・・。
というわけで、せっかくだから、
本日3本目もいっちゃいましょうか!

(・・・と、書いているうちに出番が来たのですが、
もったいないから終了後に仕上げちゃいました。。)

AI vs. 教科書が読めない子どもたち -
AI vs. 教科書が読めない子どもたち -

再び、最近読んだ本から一冊。
『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』です。

著者は、最近いろんなメディアに出ている新井紀子さん。
AIを使って本気で東大合格を目指した
「東ロボくん」プロジェクトの担当者の方です。

近頃、あちこちで話題になっている「AI」。
そのうちシンギュラリティ(技術的特異点)が訪れ、
人間を超えてしまうのでは、なんて言われていますが、
新井さん曰く、それは「無理」なんだそうな。

思い切り文系脳のフリーライターとしては、
「これで食いっぱぐれることもなさそうだ!」と
心の底からホッとしたわけですが、
その一方で、同書では、
AIが最も苦手とする読解力について、
教科書の理解ができない子どもががかなりの割合いて、
大きな問題だと警鐘を鳴らしています。

学習における読解力の重要性については、
すでに昔から指摘されていることで、
「今さら言われなくても・・・」という方も
たくさんいらっしゃるとは思います。

ただ、将来、AIにできない仕事を
いかに見つけていくのかという点において、
読解力が一つのカギを握っていること。

今後は、AIの登場によって
徹底的にコストが削減されていき、
結果、淘汰される企業が増えていくこと。

そして、このAIの波に飲み込まれないような
ブルーオーシャンを見つけなければ
生き残っていけない、といった指摘には、
色々と考えさせられるところがありました。

ただ、その解決法の一つが、コピーライターの
糸井重里さんが運営する「ほぼ日」という話には、
正直、思わず「そうなのか?うぅ・・・ん」と
唸ってしまいましたが。。。

それから、もう一つ、
個人的に悩ましいと感じたのは、
これだけ読解力がない人が増えてくると、
そもそも、ライターがどれだけ言葉を選んでも、
大半の人に伝わっていないのでは?という
ちょっと頭の痛い未来の到来です。

「我が子の読解力を磨かねば!」という
親目線での感想以上に、
「大多数の人が読解力を失う中で
どうやって読み手に伝わる文章を書くのか?」
「そもそも文章がこれから
必要とされていくのだろうか?」といった
ライター目線での問いが頭をもたげました。

・・・ともあれ、AIの現状を正しく理解し、
その対処について考えたい方にとって
今、最も注目かつ、お勧めしたい一冊かと。
(・・・文系の僕では説得力ゼロですが)

ちなみに、
この本の表紙を見せた瞬間、
小4の娘は、

「そんなの、水をかければ楽勝!」

・・・と申しておりました。


posted by もっぴ at 20:48| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金は寝かせて増やしなさい。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

本日、2本目となるブログ更新です。

取材でとある大学にお邪魔しておりますが、
インタビューの合間の時間が結構長くて、
ボーッとしているのもアレなので、
最近読んだ本の紹介でもしようかと思います。

お金は寝かせて増やしなさい -
お金は寝かせて増やしなさい -

発刊されたのは去年ですかね?
インデックス投資に関するブログで
人気を集める個人投資家、水瀬ケンイチさん著の
『お金は寝かせて増やしなさい』です。

今年から「つみたてNISA」が始まりました。
このブログをご覧の方のなかにも、
「なにそれ?」という方が少なくないと思いますが、
簡単にいえば、老後不安を解消すべく国が後押しする
投資にかかる税金を非課税にする制度のこと。

もともと「NISA」という制度があったのですが、
これだと5年間という縛りがあったことから、
使える期間を20年にまでぐんと伸ばし、
さらには、投資初心者が不利益を被らないようにと、
低コストの投資商品のみに限定した新しい制度です。

そんな新たな制度「つみたてNISA」をはじめ、
個人型確定拠出年金「iDeCo」や、既存の「NISA」の紹介、
そして、具体的にどんな投資商品を選ぶのが良いのかなど、
かなり具体的な部分に踏み込んだ内容になっていて、
全くのド素人にはちょっとハードル高めですが、
インデックス投資に興味がある方にとっては、
教科書的に役立つ一冊なのでは、と思います。

実は、昨年末から今年にかけて、
驚愕の低価格を実現した
新しい投資信託が登場してきていて、
本書で紹介されている商品を
そのまま選ぶのがベストな選択かというと
ちょっと違ってきている感もあるのですが、
きっと一読してみて損はないはずです。

よろしければ、ぜひ。

posted by もっぴ at 16:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リメンバー・ミー。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

3月始めまでの厳しい寒さはどこへやら、
連日のぽかぽか陽気で、季節はすっかり春ですね。
今のところ、例年ほどではないですが、
アレグラの服用が欠かせない毎日です。

相変わらず、取材に、原稿に、農業にと、
忙しい日が続いているわけですが、
そんな中、家族で見てきた映画を一つご紹介。

ディズニー映画の
『リメンバー・ミー』です。

リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック - V.A.
リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック - V.A.
▲写真はサントラCDです

ここ数年、子どもたちと一緒に
ほぼ全てのファミリー向け映画を見てますが、
その中でも屈指の出来映えだと思います。

もちろん、子どもが見られるものなので、
ストーリーに意外性はそれほどないわけですが、
映像がとにかくキレイで、きちんと泣ける(笑)。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、
家族思いのパパたちには、お勧めの1本じゃないかと。

『トイ・ストーリー3』のスタッフが制作したみたいですが、
それに匹敵する良作だと思います。

ただ、『ドラえもん』の方もなかなか良いせいか、
公開2日目にして、映画館の客席はガラガラ状態・・・。
春休みにどこまで伸ばせるか、でしょうが、
観客動員の方は少々厳しいかなぁ〜。残念ですが。

『シュガー・ラッシュ』や『ズートピア』も
個人的にはとても良い作品だと思いますけど、
『アナ雪』ほど盛り上がらなかったですし、
そういうものなのかもしれないですね。

『リメンバ−・ミー』という
邦題がもう少し違った方が良かったかな〜と、
個人的には思ったりします。

posted by もっぴ at 10:58| Comment(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

7年前。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

7年前、僕にとって東北は、
ほとんど未知の地域でした。

その後、何度か仕事で足を運び、
魅力がいっぱい詰まった場所なんだと
改めて知ることができました。

海辺を走る電車に揺られながら、
キレイな海岸線に伸びる
巨大な防潮堤に胸が苦しくなりました。

鉄道の復旧がままならず、
大変な思いで通学している
高校生たちと一緒に
バスでぎゅうぎゅう詰めになりました。

津波で店舗が流されながら
仮設店舗で居酒屋を営むお母さんには
おいしい鯨肉をいただきました。

あの震災がなければ、
僕にとって東北は、
もっと縁遠い存在だったに違いありません。
この7年は、確実に
僕を少しずつ変えてきた気がします。

今日、3月11日は、
東北のために祈りたいと思います。

多くの人たちが、少しでも早く
何気ない日常を取り戻し、
笑顔で暮らしていけるように。

posted by もっぴ at 07:04| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

いよいよ不惑。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日、40歳になりました。
いよいよ不惑です。

先日、10年来のお付き合いになる
広告代理店の営業さんから、
「え、まだ40歳なんですか?」と
言われたばかりですが。。。

どんだけ老け顔なんだ、オレ。。

ともあれ、何事にも動じることなく
どっしりと構えて行動できる
「できた大人」になりたいものです。

体力、気力の衰えを考えると、
フルスロットルで駆け抜けられるのも、
40代の10年が最後でしょうか。

ステキな50歳を迎えられるように、
日々コツコツと努力を重ねたいと思います。


posted by もっぴ at 07:44| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

ドラゴンズの松坂大輔。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

その年の夏、僕は、バイク部品の工場で
海外向け製品の積み込み作業をしていました。

灼熱の工場内で、午前中の作業を終え、
一人、食堂でランチを頬張っていると、
フロアに一つしかないテレビから
大きな歓声が聞こえてきました。

夏の甲子園、白球を追う球児たち。
それを食い入るように見つめる工員たち。
僕たちの視線の先には、松坂大輔がいました。

確かに、帰国後の成績は
ふがいないと言えるでしょう。
もしかしたら、すでに再起は
難しいのかもしれない。

それでも、あの夏の主人公は、
再び立ち上がってくれるはずだと、
どこかで期待している自分がいます。
たとえ、高校球児でなくても、
僕らの世代のひとつの象徴として、
間違いなく「松坂」は存在していたのだから。

あの松坂が、ドラゴンズの一員になる。
賛否両論あるようですが、僕は応援したいです。

今年の名古屋は、なんだか熱くなりそうです。

posted by もっぴ at 08:57| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

闘将、逝く。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

少年時代、野球をしていた僕にとって、
星野監督は、憧れのチームを率いる
神様のような存在だった気がします。

激高するシーンを見ながら、
その闘志に胸を熱くしたものです。

今では考えられないと思いますが、
1988年の日本シリーズでは、
小学校の担任の先生が
教室のテレビをつけっぱなしにして
クラス一丸で声援を送りました。

激しい鉄拳制裁も含め、
いろんなことが今よりもずっと
大らかな時代でした。

闘将が、この世を去りました。

もう叶わないと思いながら、
低迷が続く中日を建て直すには
この人しかいないだろうと
心の片隅で思っている自分がいましたが。

どうやら、永遠に叶わない
夢となってしまったようです。

落合中日もスゴかったし、
その頃にチームを取材できたことは、
僕の財産の一つだと感じています。

少年時代のヒーローだった
今中さん、山本昌さんに
インタビューできたのも
うれしかった。

でも、やっぱり、一度でいいから
星野監督とお話がしてみたかったなぁ〜。

心よりご冥福をお祈り致します。

posted by もっぴ at 08:38| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

極私的ゲーム・オブ・ザ・イヤー2017。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

いよいよ2018年もスタートしましたが、
今年は例年以上に正月感が薄い。
・・・なんでだろ? 年末ギリギリまで
忙しかったからなのか?? 

さて、1月2日の今日は、
ゲームの話でもしようかと思います。

昨年は、久しぶりにゲームにはまりました(笑)
いやぁ〜、何年ぶりだろう、
これだけ時間を費やしたのは。
それこそ大学生の頃は、
バ○みたいにゼルダの伝説と
パワプロばっかりやってたんですが。

というわけで、そんな私が虜になった
ゲームといえば、もちろんそうです!

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2017/10/26-2018/1/8注文分まで)】 - Switch -
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2017/10/26-2018/1/8注文分まで)】 - Switch -

これしかありません!!

『スプラトゥーン2』も、
『スーパーマリオオデッセイ』も、
結構面白いんですけどねぇ〜。

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2017/10/26-2018/1/8注文分まで)】 - Switch -
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2017/10/26-2018/1/8注文分まで)】 - Switch -

スーパーマリオ オデッセイ 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2018/1/8注文分まで)】 - Switch -
スーパーマリオ オデッセイ 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2018/1/8注文分まで)】 - Switch -

やっぱりゼルダに軍配が上がるかなぁ〜。

実際、海外でもいろんなゲーム賞を
総なめにしている状況のようですが、
さすが任天堂! さすがゼルダ!!
ファンの期待を全く裏切ることなく、
・・・いや、良い意味で、完全に
裏切ってくれたといえるかもしれない!

ファミコン時代から数えて
それこそ星の数ほど
いろんなゲームをプレイしてきた気がしますが、
その中でも1位だと言ってもいいくらい、
とにかく素晴らしい1本です。

まだの人は、ぜひ一度体感して欲しいなぁ〜。
あの心地よい没入感は、
おそらくこのゲームでしか
味わえない代物だと思います。


というわけで、2018年は
どんなゲームとの出会いがあるのか?

・・・くれぐれも仕事に支障が出ないよう、
ほどほどに楽しみたいと思います。。

posted by もっぴ at 14:23| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

謹賀新年。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

新年明けましておめでとうございます。

フリーライターとなったのが2002年。
あれから丸15年が過ぎましたが、
これからも初心を忘れることなく、
様々なことに挑戦していきたいと思います。

ライティングに、編集に、
2010年からは農業も加わり、そして・・・と、
もうじき不惑の身ですが、まだまだ良い意味で
落ち着かずに惑い続けますよ(笑)

というわけで、みなさま
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

オフィス・ヒライ
代表 平井基一

posted by もっぴ at 09:00| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする