2017年04月23日

実りの春。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

今年もいよいよこの時期が到来です。

IMG_4184.JPG

今回は、例年よりも
1万球ほど多い収穫を予定。

GWくらいまで続きそうです。

ちょっと慌ただしいですが、
実りの春、楽しんでます。

posted by もっぴ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

他人に倣うな。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先週の「週刊ダイヤモンド」の特集、
『孫家の教え』という記事を読んで、
子育てについて改めて考えました。

「孫家」とは、あの孫子ではなく、
ソフトバンクの孫正義氏一家のこと。
記事では、その実弟であり、
スマホゲームの「パズドラ」で知られる
ガンホーの設立に参画した孫泰蔵氏が登場。
父からの教えについて語っています。

孫氏が父から受けた教育とは、
@他人に倣うな
A責任を与えよ
B褒めちぎれ
Cユーモアを交える
この4つだったと言います。

特に印象的だったのが@です。

泰蔵氏は、子どもの頃に父から
「先生の言うことを聞くなよ」と言われ、
ショックを受けたそうですが、
その真意は、「何でもうのみにせず、
常識を疑って自分の頭で考え
知恵を絞ることが大切」ということだったようです。

先生の言葉を疑ってみるなんて、
ほとんどの子どもはしないでしょう。
でも、孫一家では、神格化されがちな先生の言葉にも、
クリティカル・シンキングで向かい合っていた。
それを幼少時代からずっと続けてきたからこそ、
成功を掴むことができたといえそうです。
(・・・まあ、同じ人生が歩みたいかどうかは別問題ですが)

「自分で考える力」を身に付けることが、
これからの世界ではずっと大事になるはずです。

孫さんのお父さんに叶うはずもありませんが、
僕もできる限り、「考える力」を養っていけるような
子育てを日々実践したいと思います。

・・・目下、3時の美味しいお菓子と、
ゲームの謎解きを考える力だけは、
だいぶ養われている娘たち2人ですが。。。

posted by もっぴ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

学校って、なんでこうも変わらないの?

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

昨日は、小学校の授業参観でした。

上の娘が小学4年生ですので、
学校には幾度となく足を運んでいますが、
そのたびにいつも思うことがあります。

これだけ世の中が変化しているのに、
どうして学校だけ、
僕らの時代とほとんど
変わっていないんでしょうか?

自治体が違えば違うのかもしれませんが、
僕の娘たちが通う学校では、
いまだにクーラーが未設置ですし、
黒板とチョークというスタイルも
以前のまま継続しています。

教科も、英語とプログラミングが
少しだけ追加される程度。
授業も、先生が黒板に書き、
子どもたちが書き写すという流れはそのまま。

暗記や単純な計算はスマホで出来てしまうので
「考える力」が必要だと言われる昨今ですが、
教える内容も、授業の形式も、
まったくと言っていいくらい以前のままです。

そして、授業参観の後には、PTA総会・・・。
ここで敢えて述べるまでもないですが、
PTAって、すごいですよね・・・。

役員という「犠牲者」を、
保護者全員でなすりつけあっている感じですし、
そもそも存在理由がよく分からない。
いい加減、解体してもいい気がします。

それでも続いているということは、
甘い蜜を吸っている人が
どこかにいるってことなんでしょうが・・・。

少子化対策だ!と本気で叫ぶなら、
もう少し教育まわりの充実をしないと。
結局、投票権がない「声なき世代」は、
後まわしにされちゃうんでしょうね。

老人を殺せ!というつもりはないですが、
日本の未来を考えるなら、
子どもへの投資が最優先だと思うのですが・・・。

いろいろ考えさせられる4月です。

posted by もっぴ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

花束、なんて。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

フリーライターの投稿としては
いささか違うかもしれませんが、
先日、地元の若手農業者の集いを、
引退することになりました。

30代までが入会の条件ですので、
いわば定年退職みたいなものですね。

まだ新規就農したばかりの6年前、
周りは農家の息子さんたちばかりで、
最初は正直、居心地が悪かった(笑)
まったく話題についていけず、
何を話していいものかと途方に暮れたものです。

それでも、メンバーが本当に
根が素直というか、いい人ばかりなのに助けられ、
徐々に打ち解けられるように。
そのうち離れるのがちょっとさみしいくらい、
楽しい場所になっていきました。
そういえば、会長もさせてもらいました。
(単なる年功序列なんですけど。。。)

そして先日、送別会があったわけですが、
最後に手渡されたのが、写真の花束。

IMG_4130.JPG

僕はかなりひねくれものなので、
昔から「花束なんてもらっても・・・」という
イヤな性格の持ち主なんですが、
今回はちょっと違いました。

なんだろ、花束がうんぬんよりも、
それを準備してくれた
気持ちがなによりうれしいというか。

結局、もらう品物が何かが大事なのではなく、
そこで重ねた思い出の総量が、
渡されるものの価値を高めるんでしょうね。

これで若手の集まりから離れるわけですが、
すでに、中堅農家の集まりからお誘いが(笑)。
これからも農家のネットワークは
ますます濃くなっていきそうです。

ちなみに、ライターって、
意外とこういう集まり、ないんですよね〜。

・・・いや、単に僕が呼ばれてないだけか??(苦笑)

posted by もっぴ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

7歳の誕生日。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

下の娘が、7歳になりました。

親として、それは感慨深いものがありますが、
ふと自分の7歳ってどんな感じだったんだろうと
考える瞬間がありました。

うっすらと覚えているのは、
1年生として、
小学校の教室にいる時の記憶。

習字を習い始めた時の記憶。

家の前のスーパーの駐車場で
キャプテン翼の若林源三を真似して
サッカーしている記憶。

どれもそれなりに鮮明なのですが
それでも、どこかぼんやりとしていて
色あせた写真のような感じがします。

親としてできることは、
これから、徐々に、確実に、
減っていくんだろうと思います。

でも、少しでも記憶に残る
ステキな思い出を刻んでいければ。

仕事も、自分の時間も大事ですが、
限られた家族との時間を、
大切に、有意義に過ごしたいものです。

大変な時期は永遠のように思える子育てですが、
ふと気がつけば、「光陰矢の如し」ですね。

posted by もっぴ at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

いつの時代も、人は仕事を奪われる。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

先日、原稿執筆のために調べ物をしていたら
こんな記述を見つけました。

「これからはロボットやOA機器に、
仕事を奪われるかもしれない」。

最近は人工知能がにわかに注目され、
同じようなフレーズをよく耳にしますが、
実はこれ、昭和50年代の資料の一文なんです。

人類の歴史は、機械に仕事を奪われ、
新たな職を探す壮大な旅なのかもしれない。

自分が生まれた頃の文章を眺めながら、
ふとそんな風に感じた春のひとときでした。

posted by もっぴ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

「年金問題」は嘘ばかり。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

フリーランス界隈の方々と話をしていると、
年金なんてどうせもらえないんでしょ?
というコメントを聞くことが結構あります。

で、そんな時、
ファイナンシャル・プランナーの端くれである僕は、
もしかしたら未払い?と心配しつつ、
国民年金は払った方がいい、
もし金銭的に厳しかったとしても、
免除申請を出しておいた方がいい、と話しています。

年金は破綻する!という
ネガティブキャンペーンのせいで、
国民年金を払っていない人がいるようです。
でも、それが完全に間違っていると教えてくれるのが、
先日読んだ高橋洋一先生のこの本、
『「年金問題」は嘘ばかり』です。

「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識 (PHP新書) -
「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識 (PHP新書) -

「年金は「保険」である」という本書の言葉通り、
長生きリスクに備える保険、それが年金です。

しかも、障害年金や遺族年金まで付いてくるので、
実際には、民間の保険会社では無理な、
相当に有利な保険だといえます。

そのあたりの詳しい説明は
紹介している本に譲るとしまして、
じゃあ、年金だけで老後は安心なのか?というと
おそらく大半の方が「ノー」でしょう。
現役時代の給与の4割くらいが支給額の目安ですから、
これだけで暮らしていくのは難しいという人が
かなりの割合を占めると思います。

では、どうすればいいのか?

もし老後を楽して過ごしたいなら、
確定拠出年金などで年金を積み増ししておくこと。
ただ、それよりもっと大切なことは、
老後も働き続けることだと思います。

老後まで働くなんてイヤ!という人もいるでしょうが、
自分がやりたいこと、苦にならないことを軸に
年間100万円程度を稼ぐだけで、全然違ってきます。

それは単に金銭的な問題だけじゃなく、
身体的にも、精神的にも、すごくいいはず。
ちょっと手前味噌ではありますが、
農業なんか、最高だと思いますけどねぇ〜。

いずれにせよ、これからの時代、
ちょっとお金儲けにもなりそうな趣味を
現役時代に見つけておくことが、
老後を充実させるための秘訣になりそうです。

・・・お、なんだか今日のブログは、
ちょっとファイナンシャル・プランナーっぽいな(笑)。

posted by もっぴ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

1億人を割ると、どうなるんだろう。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

4月10日に発表された
国立社会保障・人口問題研究所の発表によれば、
2053年に日本の総人口は
1億人を割るそうですね。

・・・。

で、どうなんでしょう。

人口が増えすぎると大変だし、
人口が減りすぎても大変だし。

結局、大変だ大変だと不安をあおる
詐欺みたいな感じがするのは、
僕だけじゃないと思います。

確かに若者が減って高齢者が増えれば、
支える世代には負担が大きいかもしれません。
でも、その頃には寿命も延びているわけで、
みんなで働けばそれで済む話じゃないかと。

今みたいに、65歳を過ぎれば
悠々自適の年金暮らしみたいな制度が
逆に特殊というか、変なだけな気がします。

というわけで、僕らが高齢者になる頃には、
働き続けないといけないことはほぼ確定。
65歳でゴールだ!なんて決め込んで
日々の苦役に耐えるなんて仕事のスタンスだと、
ますます厳しい人生になっていきそうです。

これからの時代を考えると、
「好きなことを仕事にする」もしくは、
「仕事を好きになる」ことって、
ますます大事になってくるかなと思います。

posted by もっぴ at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

入社してすぐ辞めるのはあり?なし?

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

4月ももうすぐ中旬。
そろそろ新年度ムードも
抜けてきた頃でしょうか。

さて、そんな折、
ネットニュースで
入社すぐに辞めるのはあり?
みたいな記事を見つけました。

僕は採用関係のコピーの仕事をしていて、
いろいろな会社を訪問します。
それこそ新卒・中途問わず、
様々な業界の人事担当者さんと会い、
その会社の魅力を原稿にしていくわけです。

そんな、採用の仕事をしている僕は?というと、
新卒入社した会社を、2年で辞めました。

それはひとえに、このままでは
やりたい仕事ができないと思ったから。
今のような出版・広告関係が仕事がしたくて、
それができないと判断した会社を離れたわけです。

すぐやめるか? しばらく続けるか?
その判断は、結局のところ
パーソナルな理由に寄るところが大きくて、
一般論で片付けられるもんじゃない。
僕はそんな風に感じています。

もしかしたら1日で違うと悟るかもしれない。
引退間近になって違ったと思うのかもしれない。
その判断に、期間は関係ない気がします。

もちろん、待遇面だけを考えると、
新卒入社してすぐ辞めたとなれば、
転職後の会社によりよい待遇を求めるのは、
なかなか難しいでしょう。

でも、仕事って長い間続けるものだから、
決して待遇で決まるものじゃない。
会社を選ぶ尺度は色々あっていいと思います。

というわけで、僕が考える結論。
辞めたくなった時が、辞めどきです(笑)。

とにかく苦痛で仕方がないなら、スパッと辞めるのも手。
ミスマッチが起こらないのが一番良いですけど、
入ってみてから気づくこともたくさんありますから。
今は、第二新卒でも結構いい企業に入れますしね。

・・・以上、あくまで個人の感想です。
退職はくれぐれも自己責任でお願いします。

posted by もっぴ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

祝・1600記事!

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

このブログが始まったのが2009年。
もう8年が経過しましたが、
やっとの思いで1600記事を突破しました。

これも、おっさんライターのブログを
こまめに見に来ていただける
やさしい読者のみなさんのおかげです!

ここ数年は相当なスローペースですが、
今年はもう少しコツコツと更新して、
1700、1800くらいは目指したいなと思います。

いっそのこと2000を目指すか?
あかんあかん、
そんなにブログを更新できたら、
仕事がだいぶヒマなんだと思います。。。

IMG_4095.JPG
▲近くの桜が満開。春はいいですねぇ。

posted by もっぴ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする