2017年04月03日

スイッチとゼルダ。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

最近、我が家では、
待ち時間にスイッチが大活躍しています。

ゲームがお好きな方以外には、
「スイッチ」といっても
何のことだか分からないかもしれませんね。

任天堂から3月に発売された
新しいゲーム機のことです。

大の任天堂フリークだけに、
前から期待していたのですが、
正直、発売と同時にマリオが出ないなんて、
大丈夫かな〜と思っていました。

ところが!
そんな心配は杞憂に終わりました。

ゼルダの新作、すごい!!
SFC世代のおっさんゲーマーは、
今までオープンワールドなるものを
経験したことがなかったのですが、
まるで別の世界に迷い込んだかのような没入感!
これは、本当にすごいの一言です。

けっして安い買い物ではありませんが、
絶対に損はしないと言い切れるほどのクオリティ。
もしかしたら人生ナンバーワンかも。
それぐらいの名作感がビンビン伝わってきます!

・・と、
すっかり熱くなってしまいましたが、
実は外出先では、娘たちの
時間つぶしツールと化しております。

先日も、行列に並んでいると、
まだスイッチ自体が珍しいせいか・・・、

「あ、あれがスイッチか!」
「みてみて、スイッチだよ!」
「ああ、ゼルダやりてぇ!!」

娘のプレイをのぞき込みながら、
思わず声を上げる人が多数。

IMG_4033.JPG

思わぬところで注目を浴びた娘が、
有名人気分に浸っているのがおかしくて。

ともあれ、最近は苦境が続く任天堂ですが、
スイッチと、新作ゼルダに、
ゲームメーカーとしての矜持を見た気がします。


posted by もっぴ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

お仕事のご報告。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

今日もお仕事のご報告を。

先日発売した『大人の名古屋』にて
ほんの少しだけではありますが、
取材&執筆を担当させていただきました。

大人の名古屋 vol.38 名古屋最新案内101 (MH-MOOK) -
大人の名古屋 vol.38 名古屋最新案内101 (MH-MOOK) -

創刊間もない頃は、
毎号のように執筆していましたが、
最近はすっかりご無沙汰状態。
かなり久々に書かせてもらいました。

今回の『大人の名古屋』は、
大胆に誌面イメージを変え、
ひと味違う魅力が詰まった一冊に!

おそらくお近くの書店でも
平積みされていると思いますので
ぜひ一度手に取ってみてくださいね!

posted by もっぴ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 著書&お仕事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

お仕事のご報告。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

今日は4月1日。
いよいよ新年度ですね!
我が家では、下の娘が新1年生に。
色々と変化がありそうな平成29年度の始まりです。

さて、そんな今日は、
先日に引き続いてお仕事のご報告。

北欧テイストの部屋づくり no.20 (NEKO MOOK) -
北欧テイストの部屋づくり no.20 (NEKO MOOK) -

ネコ・パブリッシングさんから3月29日に発売された
『北欧テイストの部屋づくり』にて
名古屋エリアのお宅訪問取材を担当しています。

今回は節目の20号! 
いつも少しずつではありますが、
創刊間もない頃からずっと
お仕事させていただいている1冊だけに
なかなか感慨深いものがあります。

20号でもステキなお部屋づくりのヒントが満載。
ご興味のある方はぜひ一度、
書店などでご覧いただければと思います!

で、名古屋+北欧といえば・・・、そうです!
今日4月1日は「レゴランド・ジャパン」の開業日!
レゴは、デンマークですからね。
すでに取材・プライベート含めて5回入場していますが、
もちろん今日も、家族で馳せ参じたいと思います!

さて、どんな混雑が待ち受けているのか!?(笑)
また機会があればこのブログでも
レポートさせていただきますね!

posted by もっぴ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 著書&お仕事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

お仕事のご報告。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

3月もゆったり投稿が続いております。
確定申告やら、年度末やらで、
なかなか忙しくしておりまして・・・。
まあ、大目に見てやっていただけたら幸いです。

さて、そんな中、今日はお仕事のご報告。
先日24日に発売されたこちらです。

名古屋本 (エイムック 3670) -
名古屋本 (エイムック 3670) -

ものすごく直球なタイトルのご当地本、
エイ出版社さんから発売された『名古屋本』にて
いろいろ書かせていただいております。

巻頭の矢野きよ実さんの取材のほか、
名古屋の七不思議、そして名店の取材と、
別のライターさんのスケジュールが合わず
急遽の登板となった割には、なかなかの分量!

最近タウン情報誌から遠ざかり気味だったこともあり
余計に楽しくお仕事させていただきました!

最寄りの書店やコンビニでも置かれていますので、
ご興味のある方はぜひ手に取ってみていただければと。
意外に知らない穴場も多くて、お勧めの一冊ですよ!

posted by もっぴ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 著書&お仕事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

戦友との別れ。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

そろそろ本格的に春ですね。
春といえば、出会いと別れの季節です。

田んぼに突っ込んだり、
シフトレバーが壊れて固まったり。
また、ある時は、
先輩農家のしごきに車中で涙したこと・・・
・・・は、なかったかな。。

そんな新規就農の苦楽を共にした相棒が、
ついに、逝きます。

IMG_3464.JPG

まだしばらく
乗れそうな気もしましたが、
シートは剥がれ、
手動式の窓レバーは外れ、
荷台の金具はぷらんぷらん。

さすがに引導を渡す時期かと思い、
悩みながらも決断しました。

別れ際、後ろ髪を引かれるように
写真を撮っていると、
中古車店のスタッフさんが
「一緒に撮りましょうか?」と。

軽トラと写真なんて、なんだか
恥ずかしくて断りましたが、
ちょっと後悔している自分がいます。

posted by もっぴ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

お仕事のご報告。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

気がつけば、3月もそろそろ中旬。
今月初の記事投稿ですが、
書くのが仕事のフリーライターですから、
もっと頻繁に更新せなあかんですな・・・。

さて、そんな3月の更新は、
最近のお仕事のご報告から。

乗馬 上達バイブル 正しい技術でレベルアップ コツがわかる本 -
乗馬 上達バイブル 正しい技術でレベルアップ コツがわかる本 -

メイツ出版さんから昨年に発刊された
『乗馬上達バイブル 正しい技術でレベルアップ』の
重版が決定いたしました。2刷目です!

この本、2008年に別のタイトルで出していまして、
内容を一部修正した上での改訂版になるわけですが、
出版不況と言われるなか、8刷までいき、
さらに改訂版まで増刷がかかるとは、うれしい限りです。

ジャンル的に爆発的なヒットはないでしょうが、
それでもジワジワと売れ続け、もうすぐ10年。
良い感じで熟成されてきた、自信作です。

乗馬に興味をお持ちの方は、
ぜひお手にとってみて下さい。
キンドルの読み放題でも読めるみたいです。

posted by もっぴ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 著書&お仕事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

自由業は、不自由業。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

あっという間に今年も2カ月が過ぎようとしています。
なんだかもう、はっきり記憶がないくらい忙しかったですが、
険しい山もやっと峠を越えそうな気配です。ふぅ・・・。

さて、先日、ふとしたことで、
嫁さんと「自由業って?」という話になりました。

アンケートなどで職業を選択する際、
だいたい「自由業」というのがありますよね。

「自由」とは、なんとも甘美な響きですが、
個人的には自堕落な印象を強く感じてしまうので、
いつも「自営業」というのを選択している僕。

でも、つまるところ、「自由業って何?」と
改めて考えてしまったわけです。
なので、ちょっくら辞書で調べてみました。

自由業:
一定の雇用関係によらず、
時間に束縛されないで、独立して営む職業。
多くは特別な技能・技術・知識に基づく専門的職業で、
芸術家・芸能人・医師・弁護士・会計士・文筆業など。
(デジタル大辞泉より)

一定の雇用関係によらず、
時間に束縛されないで・・・って。。。
むしろ「拘束されてる感」が強いですが。

営業をしていたサラリーマン時代の方が、
よっぽど自由だった気がします。

・・・ん? それは僕がサボってただけか??

posted by もっぴ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

冬場の熾烈な防衛戦。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

忙しさにかまけてブログを更新していない間に、
今年も1カ月が過ぎ、2月に突入しておりました。

2月といえば、僕の39回目の誕生日!
30代ラストイヤーということで、
1年間、良い感じの40歳になるための、
布石をしっかり打っておきたいな、と思います。

・・・え? 「まだ30代だったの?」って?
そうですよ、顔はすっかり40代ですけど!!

さて、定番の自虐ネタを披露したところで、
冬といえば、我が家にとって
すっかり恒例となりつつあるのが、
あのウイルスとの戦いです。

そう、インフルエンザであります!

小学校でもだいぶ猛威を振るっているみたいで、
ついに今週初め、小学3年生の上の娘が、
忌まわしき奴らに罹患してしまいました・・・。

普段から、うがい・手洗いを徹底し、
さらには「Rー1」を家族で飲んでいるのですが、
昨年に続き、今年もインフルエンザの餌食に!
もう、Rー1の乳酸菌バリアは奴らに効かないのか・・・。
なんて、悠長に肩を落としている場合ではありません!

下請けの外注ライターたるもの、
一番やってはいけないのが、
取材をドタキャンすること。

取材・執筆を依頼してくださった
発注先はもちろん、取材先、その他
一緒に現場で動くスタッフ一同にも
多大な迷惑を掛けてしまう一大事!

病気だから仕方がないか・・・では、
簡単に済ませられないのがツライところです。

というわけで、インフル警報が発令された我が家では、
まず夫婦で病院に走り、予防薬を早々に入手!
こまめに換気するなど地道な努力の甲斐もあって、
目下、なんとか犠牲者1人で食い止めております。

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、
娘の熱も下がって体調も回復し、
ひとまず戦いの正念場は乗り越えた模様。

子どもがもらってくるのは致し方ない面もありますが、
まだまだ各地で猛威を振るっているようですし、
みなさんも、どうかお気を付け下さいませ。


posted by もっぴ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

ビジネス・フォー・パンクス。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

ありがたいことに、
新年早々、忙しくさせていただいております。
年越しの原稿なんかもあったりで、
まあ、いつも通りのスタートではありますが、
今年も実り多き1年になるのではと、
期待しながらPCに向かっているところです。

さて、そんな新年一発目の書評は、
こんな本でいきたいと思います。

ビジネス・フォー・パンクス -
ビジネス・フォー・パンクス -

昨年、結構話題になったビジネス書、
『ビジネス・フォー・パンクス』です。

英国・スコットランドで立ち上げた
小さなクラフトビールの会社を急成長させたという
ちょっと、いや、かなり変わった経営者の著作でして、
タイトルの通り、パンクの精神と哲学に基づいた
ビジネス指南書となっております。

この説明だけだと、なんだか訳が分からない感じですが、
ぶっちゃけ、中身もかなりぶっ飛んでます。
そして、独特の文体とともにその内容がすこぶる面白い!

パンクなんて言いながら、その実、
財務については再三にわたって大事だと説いていて、
財務論について書いた章では、
****
ビジネスにおけるパンク的思考の決め手は、
とにかくルールを破ることだ。
しかし財務に関しては、ルールを破ろうと考える前に、
ルール通りのやり方を体得し
『スターウォーズ』のヨーダの域まで
高めなければならない。
将来、経験を積み、安定したキャッシュフローが
懐に入るようになれば、成功に一歩近づける。
****
なんて書いております。

ヨーダの域かぁ・・・。
まだ僕は、フォースの覚醒すら遠い先のような。。。

そのほかにも、キャッシュの大切さや、
粗利を確保することの重要性など、
結構まともなことを発言している一方、
SNSを活用したPR手法については、
なかば炎上マーケティングのような内容も書かれていて、
日本でそのまま使うのはマズいというか、
得策ではないなと思う部分も散見されます。

そして最後には、本の冒頭で、
「人のアドバイスは聞くな」と主張したのを振り返り、
「ぼくは、人のアドバイスは聞くなと言った。
それはこの本に書いたことすべてにも、
無条件で当てはまる」という
なんだか皮肉めいた言葉で締めくくっていたりします。

お堅い経営書とは違い、
かなりライトな口調で書かれていて、
それでいて、なかなかタメになったり
新たな着眼点が得られる良書だと思います。

著者本人が言う通り、
この本を真面目に実践する必要はない気がしますが、
なんだか自然とアクションを起こしたくなる
そんな一冊じゃないかと思います。
なかなかのお勧めです。

posted by もっぴ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

今年の目標はまず・・・。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

オフィス・ヒライも
今日あたりから本格的に仕事初めです。
・・・と言いながら、原稿をしてみたり、
農作業に繰り出したりと、なんだかんだで
完全オフとはならなかったわけですが。

さて、そんなこんなで2017年、
今年の目標でも立てねばと考えているわけですが、
早速一つ、手近なところでやるべき事が見つかりました。

これです。

IMG_2611.JPG

年末、ネットでぽちぽちしすぎたせいで、
立派な積ん読タワーが出来上がっております。

まずはこちらを早々に読破したいと思います。
張り切って分厚い本ばかり購入してしまい、
若干後悔しているのはここだけのヒミツです。

ついつい高い目標を立てがち。
年末年始あるある、でした。

posted by もっぴ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする