2010年02月25日

ただ重い自転車。

マイ自転車が盗難に合って以来、最寄駅までの移動はもっぱら電動ママチャリを愛用しています。

ただ、これがかなり困ったもんでして…。

持っている方はご存知だと思いますが、電動アシストがある分、通常の自転車よりもかなり重くなってます。

おそらく、感覚的には、ゆうに通常の自転車の倍以上の重量感はあるでしょうか。

そして、始末の悪いことに、充電が切れてしまうと、何にもアシストしてくれなくなってしまいます。

エンジンブレーキの間のタイヤの回転で充電…みたいな、ハイブリッド的機能なんて一切ありません。

要するに、充電が残っていなければ、単なる「重いだけの自転車」に豹変してしまうわけです。


朝、充電し忘れたことに気づき、それでもなんとか残りのバッテリーで駅に到達したのはいいものの、

帰りには、疲れた体でひたすら重いペダルをこぐ羽目に。。。

そんなことが何度あったでしょうか。


で、さらに輪をかけて切ないのが、我がオフィスの立地環境。

事務所のある一宮市は、岐阜〜愛知にかけて広がる濃飛平野のど真ん中。市内を見渡しても、全くと言っていいほど坂道がありません。

生まれも育ちもこの場所でしたから、今まで「平坦だな〜」なんて意識したこともなかったわけですが、

きっと、これだけ平坦な市町村は、全国を見渡しても珍しいのではないでしょうか?

それだけに、電動自転車で颯爽と走る光景は、「異様」といいますか、「滑稽」といいますか。。。

みなさんも、電動自転車をご購入の際は、近隣の「フラット具合」を確かめていただくことをぜひお勧めします…。

posted by もっぴ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする