2010年03月09日

生きてこそ。

ちょっと「ビジネス書」というのとは毛色が違う一冊ですが。。。


生きてこそ―もう一度、“幸”つかむまで

生きてこそ―もう一度、“幸”つかむまで

  • 作者: 野口 誠一
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 単行本




昭和53年に「倒産者の会」を興した人物として、メディアで取り上げられることも多い「八起会」の会長、野口誠一氏の著書です。

これもたまたま、図書館で見つけて衝動“借り”してみました。


本の冒頭、こんな話が出てきます。

先日、会社を経営していた夫が、
倒産を苦にして自殺してしまいました。

義理の父も、それを悲観して後を追ってしまいました。

「せめて二人の葬式だけは」と思うのですが、
債権者が毎日毎日押し掛けてきて、
家の中がめちゃくちゃな状態なんです。

私は、何から手をつけたらいいのでしょうか……。

八起会に寄せられた電話相談




重い。重すぎます…。

本の内容は、終始こんな内容が続くわけではなく、再起を図る人などのたくましい姿も描かれているんですが、

やはり現状は厳しいものがあるのだろう、と思います。


決して自らヘマをしたわけではなく、

取引先の倒産のあおりを受けて、

バブル期の大規模設備投資があだとなって、

人生の坂を転げ落ちるように、倒産へと至ってしまった人も多数。


根っからの真面目で、正直だけが取り柄の経営者だから、

「死んでお詫びしよう」「債権者に合わせる顔がない」と、

「自殺してけじめをつける」という選択肢を選んでしまう。



人生って、本当に何か起こるか分からない、と

改めて思い知らされます。



ただ、そんな時、結局、

損得勘定抜きで支えてくれるのは「奥さんや子供たち」。


やっぱり、家族は大切にしなきゃいかんですね〜。


posted by もっぴ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保育園。

先日、やっとの思いで、保育園に通わせる娘の入園説明会に参加してきました。

ざっと見渡してみたところ、合計100名はいるかという新園児&保護者の中で、

男性陣は、わずか2名。

しかも、もう一人は、きっと孫をまかされたおじいちゃんらしき人物。

時間を調整できるのは自営業の特権、と思いながらも、

この状況は、明らかに異様です(笑)


まあ、説明会が始まってからは、娘以外の子どもを集めて、

思う存分ブロックで遊んでやりましたけどね!


昔、幼児向けの教材販売をしていた経験が、

こんなシーンで生かされることになろうとは!


子どもの食いつきが、いいのなんの!


説明会そっちのけで、会場にこだまするぐらい子ども達と大爆笑してやりました!!




・・・それにしても、飛び込みセールスの時に鍛えた、子どもと仲良くなる→お母さんの信頼を勝ち取る→なめらか営業トーク→なにげに契約成立、のテクニックはまだまだ錆びついてない様子。


でも、今訪問販売やったら、怪しいオッサンすぎて家の玄関すらあけてもらえなさそう。。。


時の流れは怖いものです。初々しかった22・3歳の頃が懐かしい。。。


posted by もっぴ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジョナリーカンパニー。

またまたビジネス書の名著から。


ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

  • 作者: ジェームズ・C. コリンズ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 1995/09
  • メディア: 単行本




前々からその名前は耳にしていたんですが、手に取るのは初めて。

内容は?というと、成長著しい一流企業と、衰退しつつある同業他社(ちょっとニュアンスが違うかな)との比較を行い、一流企業に見られる共通項を探る、というもの。


その中で導き出されているのが、

・時を告げるのではなく、時計をつくる

・基本理念を維持し、進歩を促す

・カルトのような文化

・大量のものを試して、うまくいったものを残す

などなど。


「どうしてその企業を選ぶのか?」、「その理由は結果から導かれる後付けではないのか?」など、どうしてもある種のバイアスがかかっている感じがぬぐえない部分はありますが、、

それにしても、本書内の解説にあるように、「これらの条件は、すでに企業が飛躍的に成長する前から現れていた」ということを真に受けるならば、、

個人事業主でも事業に活かす部分は多いにあると感じます。


ただ、きっと、同じような条件の下で、衰退していった企業はたくさんあるわけで、

こうした条件を守れば、「必ず一流企業になれる」のではなく、

この条件を守っていれば、「一流企業になれる確率がちょっと上がるかも」ぐらいに捉えていた方がいいかもしれません。

それに「いい企業」を図る尺度は、おそらく主観でしかありません。

例えば、著しい成長を遂げた企業が、誰にとっても「いい企業」なのか。


とりわけ、猛烈に社員を仕事へと駆り立て、大勢の脱落者を出すこともいとわないという「カルトのような文化」という条件は、

僕の中では、「いい企業」の定義には入りません。

…もちろん、なあなあで仕事するのはダメだと思いますが。。。



ともあれ、各界著名人の中には、自らのお勧め本に『ビジョナリーカンパニー2』を挙げる方が多いようなので、

この本の真価は、そちらを読んでから判断したいなと思います。

posted by もっぴ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1点の重み。

昨日、ちょっと前に受験した「ファイナンシャル・プランニング技能士2級」の試験結果が届きました。

まあ、自己採点で結果が分かっていたとはいうものの、

学科試験の点数は、60点満点中、6割の36点で合格のところ、

ある意味、奇跡の「35点」。

そういえば、運転免許の試験を受けた時も、90点で合格中、89点という屈辱を味わったのを思い出しました。


まあ、取材の移動中にCDを聴くだけのお手軽勉強法なので、これで受かったらいかんような気もしますが、

それにしても、やっぱり「あと1点」というのは悔しい…。



5月の再試験には、必ずやリベンジしたいなと思います!!


…もちろん、仕事の合間の「お手軽勉強法」で(笑)

posted by もっぴ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする