2010年12月11日

仕事は楽しいかね?。

先日、『2』を読んだもので…。

仕事は楽しいかね? [単行本] / デイル ドーテン (著); Dale Dauten (原著); 野津 智子 (翻訳); きこ書房 (刊)

『2』の方は、組織の在り方、上司と部下の関係について書いた一冊になっていましたが、こちらの『1』の方は、仕事への取り組み方、考え方などを諭したもの。

『2』と同様…というのも変な感じですが、スト―リー仕立てになっていて、とても読みやすいのが特長ですね。

ありきたりな成功本では、「とにかく真面目に努力する」みたいなのが推奨されていて、ついつい「そればっかりでもないでしょ?」なんて疑問を挟みたくなってしまうんですが、

その点、この本は、巷の自己啓発本とはちょっと視点が違っているのが魅力的だな〜と思います。

例えば、こんなことが書かれています。

これは僕の大好きな言葉の一つなんだ。
“遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る”

問題は、才能のあるなしでもなければ、
勤勉かどうかってことでもない。
コイン投げの達人じゃないってことなんだ。

…ここだけ切り取ると、なんだか意味が分からないかもしれませんが、

成功者のエピソードというのは、かなりの割合で、「後付け」の理由が乗っかってしまっていて、

本当は偶然に成功しただけだったとしても、「あそこでこうしたから成功したんだ」とか、「こういった考えで行動したのが良かった」なんて形で、「成功の理由」を事後的に盛ってしまうことが多い。

…まあ、この辺は、マスコミがいけない部分もあって、なんとなく自戒の念も込めて、という感じにはなるんですが。。。

で、そんなバイアス?の説明について、この本の中では、「コイン投げ」の例え話を挙げています。

コイン投げを1000人の参加者が一斉に行うと、連続して7回投げ終わった時点で、表が出続ける人が確率的に8人ほど現れる。

8/1000の確率。その数字だけをみると、なかなかスゴイ感じがしますよね。

で、こうなってくると、「その生い立ちを聞かれたり、急にアドバイスを求められるようになる」とこの本では書いています。

確かに。ビジネスで少し成功すると、いろんな人が寄ってくる。そんなシーンってよく見られますよね。

でも、それって純粋にその経営者の実力かどうかは変わりません。コイントスと同じ理屈で、「なんにも考えずにただ投げ続けているだけ」だったりするわけです。

じゃあ、成功を掴むためにはどうすればいいか。人よりも数多く表を出すにはどうしたらいいか。

そう。単純に「人より多くコインを投げる」。それに尽きるわけです。


いろんなことにチャレンジする。とにかく手を出してみる。

そして、成功するか否かは天に任せる。

そういう意味では、新たなことに挑戦し続けるという「努力」、未知の分野に挑み続けられる「才能」は必要かもしれませんが、

コイントスをし続けることなら、なんだか自分にもできそうですよね?


…とまあ、本のニュアンスとは若干違うかもしれませんが、終始こんな感じで、新しい考え方を与えてくれるような内容になっていますので、

現状の仕事への取り組み方になんとなく「行き詰まり感」のある方には、なかなか刺激的で面白い内容ではないかな〜と。


ちなみに、そのほかにも…、


成功するというのはね、右に倣えをしないっていうことなんだ。


彼らはね、他人を凌駕する人材になろうとしているけど、
それを他人と同じような人間になることで
達成しようとしているんだ。


問題は、平均より上の人があまりに多くて、
みんな普通になってしまっているってこと


新しいアイデアというのは、
新しい場所に置かれた古いアイデアなんだ。


などなど。

アウトローな生き方をまっしぐらで進行中のフリーライターにとっては、なんだか背中を押してくれているような言葉が多くて、心地よかったりするんですが(笑)、

そんな自分の嗜好を抜きにしたとしても、何かにチャレンジしたいと考えている人にとっては、とても大きな勇気をもらえる一冊だと思います。

posted by もっぴ at 10:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする