2010年12月12日

敗者のゲーム。

長期投資を志す人のバイブル的な存在。

敗者のゲーム―なぜ資産運用に勝てないのか [単行本] / チャールズ・D. エリス (著); Charles D. Ellis (原著); 鹿毛 雄二 (翻訳); 日本経済新聞社 (刊)

最近では、インデックス運用という言葉もだいぶメジャーになってきて、なんだか「長期投資」が若い人の間にもにわかに注目されているようが気がするんですが(個人的に興味があるだけかな?)

で、そんな「長期投資愛好家」の方のバイブル的な存在なのがこちら。『敗者のゲーム』です。

先日、かかりつけの内科に娘を連れていく時、「敗者(歯医者)のゲームを内科で読もうかな〜」なんて言ったら、相方から今までにない苦笑いが返ってきましたが(笑)、

そもそも、この「敗者のゲーム」というのは、スポーツなどあらゆる戦いに当てはまることのようで、

例えば、プロのテニスプレイヤー同士の競い合いは、勝った人が「勝とう!」と思って起こしたハイレベルなプレーが雌雄を決するわけですが、

これがアマチュアのプレイヤー同士の試合になると、「勝とう!」としたプレーが原因ではなく、敗者のミスの積み重ねによって勝負が決まる。

前者のことを「勝者のゲーム」だとするなら、後者の試合は、いわば「敗者のゲーム」。

そんな「敗者のゲーム」の理屈が、投資の世界にも当てはまる、当てはまってきている、というのがこの本の著者の主張です。

では、「敗者にならない」「ミスを起こさない」投資をするには?

その答えが「インデックスファンドへの投資」だといいます。


…とまあ、詳しい投資の分析などは本を見ていただくとして、長期投資には短期の成績に左右されない「ハートの部分」が大切だと力説していたり、

「自分の住宅を投資資産を考えてはいけない」ことや、「貯蓄を続けること」の大切さ、「インフレ」の怖さ、さらには長期的な視野できちんと運用のプランニングをすることの重要性を示すなど、いろんなことを気づかせてくれる一冊になっていると思います。

投資に詳しい人も、そうでない人も(実際、自分も“そうでない”部類ですし)、

将来のライフプランを組み立てる上で、とても参考になる名著だと思います。

posted by もっぴ at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見直し以前の「いる保険」「いらない保険」の常識。

最近、この手の本って多いような気もしますが。。。

見直し以前の「いる保険」「いらない保険」の常識 (講談社の実用BOOK) [単行本(ソフトカバー)] / 清水 香 (著); 講談社 (刊)

家や自動車と違って、お金を支払っても特に現物が残るわけではありませんし(家や自動車でも、資産価値を考えると、いいかどうかは疑問を挟む余地はありますが)、なんとなく支払い続けているという人が多い。それが大方の「保険の実態」だと思います。

で、この本では、そんな「保険」について、タイトル通り「いる」「いらない」という観点から、読者目線で冷静に判断を下してくれています。

例えば、基本的にはほとんどの人に「医療保険がいらない」実態だとか

長期的に金利が固定されてしまう」というデメリットから、「学資保険はおすすめできない」と提示してくれていたり。

もちろん、保険というのは、それぞれのライフスタイルや価値観によって加入すべき商品が大きく異なる性質のものだと思いますが、

基本的に「保険は必要最低限のものに入ること。保険と貯蓄は切り離し、いろんな出費に対応できる柔軟性を確保した方がいい」という著者の方のスタンスに、純粋な良心を感じたりします。

もっとも、著者の方のPRという部分は少なからず含まれていると思いますが、それを割り引いたとしても、「保険についてあまり知らない」と言う人には、なかなか読みやすくて良い一冊なのではと思います。

posted by もっぴ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見えない「奴ら」がやってきた??

小さな子供がいる家族にとって、

冬の恒例行事といえば?


クリスマス?

お正月?

いえいえ、

胃腸風邪です(笑)


ついにやってまいりました! 奴らが!

…と思いながら、上の娘を観察していると、

いつもと比べて症状がなんだかおかしい。

吐くには吐いたんですけど、どうも風邪っぽくないんです。


さては、吐いた日の晩に、いろんなものを食べすぎたのが原因か?

お風呂に入れたとき、ありえないぐらい腹が突き出てたもんなぁ〜(笑)


こんな程度で腹を壊すようではまだまだだなぁ〜、

なんて、グルメライターのよく分からないプロ意識を見せつけながら、

その食べ物に対するどん欲な探究心には、

祖父の代から「食」に関わる仕事を続けてきた

我が家ならではの確かなDNAを感じた気がしたりして。




…ともあれ、「胃腸風邪で家族全滅!」の危機は回避できそうです。

posted by もっぴ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする