2012年02月05日

「なぜかお金がたまらない」が変わるコツ。

もっとハウツー的な本かと思っていたんですけど。

「なぜかお金がたまらない」が変わるコツ―「自分中心心理学」で幸福と成功を引き寄せる方法 [単行本(ソフトカバー)] / 石原 加受子 (著); 講談社 (刊)

「なぜかお金がたまらない」が変わるコツ―「自分中心心理学」で幸福と成功を引き寄せる方法 [単行...

タイトルは、なんだか「家計簿を付けましょう」とか、「食べ物はまとめ買いして冷凍庫で」みたいな、節約&家計改善ハウツー本みたいなノリですが、

副題は「自分中心心理学」で幸福と成功を引き寄せる方法=Bしかも、著者のプロフィールを見ると、ファイナンシャル・プランナーなどではなく、「心理カウンセラー」となっております。

これだけを見ると「?」な感じですけど、中身をみてなんだか納得。要するに、お金持ちマインドといいますか、世の中の成功者になるための心構えみたいなことをまとめた一冊になっています。

「長財布を持て!」的な感じではなく、意外にもっと王道の部分をついているといいますか、

たとえば、「自分も成功者になりたければ、イチローを「イチローさん」と言うなど、きちんと尊敬の念を込めて呼ぶようにしなさい」など、これはこれでなかなか「なるほどねぇ〜」なんて思うことが書かれています。

で、巻末の参考文献を見てみると、『「お金」のシークレット』、『となりの億万長者』など、僕も好きな本の名前がちらほら。どおりでなんだかフィーリングが合うわけです。

節税やら節約といったハウツー系もそれはそれで役立ちますが、テクニックを身につける前の下地の部分も大切ではないか、と。

そういう意味では、さらりと読めますし、なかなか有益な一冊じゃないかな〜と思います。



第6章「絶対お金持ち感覚」を加速する22のレッスンより。

お金持ち資質の高い人ほど、自分が悪いと思ったら、素直に「申し訳なかった」と詫びることができます。


お金持ちになるかどうかはともかくとして、常に「ありがとう」「すみません」を素直にいえることってやっぱり大切ですよね。

…簡単そうで、実はなかなか難しかったりしますけど。。。
posted by もっぴ at 16:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

豆まき。

昨日は節分。

というわけで、我が家でも豆まきを決行しようと目論んでいたんですが、

奥さんが、後片付けに手間のかかる豆“まき”に難色を示したため、

「福はうち!」といいながら、口に放り込むという妥協案に落ち着きました。

ただ、子どもたちは「福はうち」を連呼しながら、大喜びで大量の豆をボリボリ。

まあ、盛り上がったのは良かったんですが、

福の神様のパワーがあまりにすごすぎたのか、上の娘は今朝、鼻血が吹き出しておりました。。。


福豆も、どうやら「足るを知る」が大事みたいです。

posted by もっぴ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

お仕事のご報告。

先日、中部・北陸エリアのリサーチを担当させていただいた『全国インテリアショップガイド2012-2013』が発売されました。

全国インテリアショップガイド2012-13 (NEKO MOOK 1734) [ムック] / ネコ・パブリッシング (刊)

全国インテリアショップガイド2012-13 (NEKO MOOK 1734) [ムック] / ...

2年に1回のペースで発刊されているガイドですが、これだけのボリュームのお店が一冊にまとまっている本って、他にはないんじゃないでしょうか?

家具&雑貨がお好きの方、もし書店で見かけましたら、ぜひちらっと覗いてみてやってみてください!
posted by もっぴ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 著書&お仕事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完敗…。

雑誌『Pen』のイクメン特集でもプロフィールに書いたとおり、

絵本&紙芝居の読み聞かせには、かなりの自信を持っているんですけど、

次女に、節分ネタの紙芝居を読んでみると、いつの間にかこんな感じに…。

DSC_0961.JPG

う〜ん、チラシに負けるとは。。。

posted by もっぴ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

いきもんだもの。

タマネギの栽培をはじめた当初、

80代の大先輩に言われた言葉があります。

「タマネギも生きもんじゃから、声をかけてやらないかんぞ、ええか?」

正直、最初はなんだか半信半疑でした。


でも、ある雪の日、

すっぽりと雪に覆われた畑の中で、タマネギの葉だけが顔を出している光景を目にし、

ああ、やっぱり野菜たちも生き物なんだなぁ〜とつくづく実感しました。



今日の畑にも、そんな景色が広がっています。

DSC_0956.JPG

普段、私たちは、

自分の力だけで生きているように思いがちですが、

もっと大きな「いのちのつながり」の中で生きているんだ――。


そんなことを思った、ある雪の日でした。

posted by もっぴ at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界でいちばん!日本経済の実力。

そうか、日本経済って、破綻しようがないのね。

世界でいちばん!日本経済の実力 [単行本] / 三橋 貴明 (著); 海竜社 (刊)

世界でいちばん!日本経済の実力 [単行本] / 三橋 貴明 (著); 海竜社 (刊)

最近テレビでもお馴染みになってきた経済評論家・中小企業診断士の三橋貴明氏の著書。ちょっと前の発刊になるので、欧州危機のトピックなどはタイムリーではありませんが、日本の財政問題について、丁寧に解説してくれているのがなかなかグッドです!

本書によれば、今の日本の現状を見渡して「破たんする!」なんて議論すること自体が、そもそもトンチンカンな話なんだそうな。

日本の借金はほとんどが円建てのもの。だから「借金を返せなくなって…」みたいなことは起こらないらしいです。

僕なりに解釈してすご〜く簡単に説明してみると…、、、

ここに「平井王国」という国があります。国の通貨は「ヒラ」です(笑…安そう)。

平井王国は、国民などに対して「100億ヒラ」の借金を抱えてしまいました。どうしても返せそうにない。そんな時はどうすればいいか。そう、平井王国銀行が「100億ヒラ」を印刷して返せばいいのです。

だから、インフレなどの弊害は起こるかもしれませんが、自分の国の通貨の借金で、国が破たんしてしまうなんてことは起こりようがない。しかも日本は今、長期間のデフレから抜け出だせずにいます。

ただ、これが「平井王国が、100億ドル借金した」となると話は別です。だって、自分の国でアメリカの通貨である「ドル」を印刷するわけにはいかないですから。国家ぐるみで偽札作りなんて、それこそ国家転覆ものの大問題です(笑)。まさしく『カリオストロの城』状態(←分かる人には分かる??)

だから、借金のほとんどを、日本円建てで国民から借金している日本政府は、今のところ財政破たんの危険はないんです。

…と、詳細をかなりすっとばして説明しましたので、「正確にはちょっと違う」という部分もあると思いますが、「日本が当面は破たんしない!」という根拠はこんな感じ。

なお、本書では、もっと詳しく「日本経済のからくり」みたいなことを解説してくれています。

もちろんこの主張に反論する専門家もいるんでしょうが、「日本経済の破たん」を声高に叫ぶ論者が多い昨今だけに、物事を公平・中立に見る目を養うためにも、決して読んでソンはない良書だと思います。ぜひ!
posted by もっぴ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

ポメラ。

ずっと気にはなっていたんですが、なかなか購入に至っていなかった『ポメラ』。

…と、知らない方のためにちょっとここで解説すると、この『ポメラ』とは、キングジムという事務用品メーカーから販売されている、文書作成に特化したモバイルワープロみたいな代物。

※ちなみに実物はこれ。
KING JIM デジタルメモ「ポメラ」 DM100クロ ブラック / キングジム

職業柄、毎日のように文章を書くため、「使い勝手って、実際どうなんだろ?」なんて、前々から気にはなっていたんですが、

”可処分時間の向上”を今年のテーマに掲げていることもあり、ちょっと家電量販店を覗いてみることにしました。

普段、パナソニックの「レッツノート」を使っていて、他のPCのキーボードを叩くことがないので、最初は慣れが必要かな〜なんて思って試打してみたんですが、

これが予想以上にいい感じ! 日本語変換もサクサク進むし、文書制作の具合はかなり「良好」です。


…というわけで、早速購入を決断!

さて、思惑通り、「作業効率の改善」となるでしょうか?

posted by もっぴ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする