2014年07月09日

死を食べる。

たまたま、子どもの読書コーナーで発見。

死を食べる―アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈2〉 -
死を食べる―アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈2〉 -

仕事を兼ねて、家族と一緒に三重県津市にある「三重県総合博物館」に足を運んだところ、子ども向けのコーナーに、ちょっとした絵本や図鑑を集めた書棚がありまして、そこで偶然に嫁さんが見つけたのがこの本。

タイトルがなかなか衝撃的ですよね。『死を食べる』。どうやら長年、動物写真家として活躍されている方が出した一冊のようです。

その中身は?というと、メインは偶然見つけたキツネの死骸を、定点カメラで撮影し続けた写真の紹介です。

もし食事中の方がいたら先に謝っておきますが、具体的には、キツネの死骸にハエがたかり、鳥や虫たちに肉をついばまれ、その後、体内から大量のウジが溢れ…と、なんともすさまじい姿が収められています。

そのほかにも、動物や魚たちの死骸の写真が並びます。そして、その死骸に群がり、自らの生きる糧を得ている、虫、鳥、動物たち…。

そして、最後の1枚は、スーパーの売り場でよく見かけるパック詰めの刺身、です。

私たち人間も、死を食べ、生きているんだ――。

そんなメッセージが強烈に伝わってくる素晴らしい一冊だと思います。

読了まで正味、10分程度。 機会があれば、ぜひご一読を!

posted by もっぴ at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする