2016年04月15日

圏外編集者。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

相変わらず忙しい毎日ではありますが、
ちょっと前の猛烈さはやっと薄らいできて、
まあ、平常業務に戻りつつあるかな、という感じです。

さて、今日は1冊、本をご紹介しようかと思います。
都築響一さんという方の『圏外編集者』です。

FullSizeRender.jpg

雑誌『POPEYE』や『BRUTUS』などで
長らく編集・ライティングを勤めていた方のようで、
現代アートの美術全集や、若者たちの部屋を撮影した本、
日本各地の奇妙な名所を集めた一冊など、
独自の視点や切り口で編集された多くの著作があります。

で、この『圏外編集者』では、そんな都築さんが、
ご自身の編集者人生を振り返りながら、
編集者とはどうあるべきか? そして、
未来の出版はどうなっていくか?などを語っています。

僕は、「名古屋のフリーライター」を標榜し、
今や仕事の大半がライティングになっているわけですが、
かなりの雑誌・書籍の編集もさせていただいてまして、
こう見えて(どう見えて?)、一応、編集者でもあります。
(ちなみに時々、撮影やデザインもしてたりして)

いわゆる同業者の大先輩であるわけですが、
その生き様というか、仕事への熱量というか、
全然足元にも及んでいないな〜と、反省することしきり。
まだまだ未熟者だと痛感させられる内容でした。

最近は出版業界の暗いニュースがよく流れ、
なんだか悲観論が全体を覆っている感じがあるのですが、
ただ、本の中には、勇気づけられる記述もたくさんありました。

****

自費出版というかたちで地元のカルチャーを、自分たちで発信できるようになったら、もう東京はいらない。自分の地元にいて、自分たちの足元を見て、興味があることを自分たちで本にして、自分たちで売ったり買ったりする。そこに東京の出版業界が入り込める余地は、もうない。「いま起こりつつあること」は、その場所にいなければけっして見つからないのだから。

自費出版、電子出版、ネット販売という本のかたちと販路が生まれたことで、出版業界は大きな変わり目を迎えているはず。スケールメリットがスタートラインの差にならなかったら、あとは版元の有名無名ではなくて、本の内容で勝負するしかない。

(問7.出版の未来はどうなると思いますか? P220〜221より)


****

地方で生きるライター・編集者が
今まで以上に存在感を発揮できる時代が、
すぐそこに、いや、もうすでに来ているかもしれない。

そんな時代だからこそ、何をやるべきなのか。
しっかりと考えながら、一つひとつの仕事に
真摯に向き合っていきたいと思います。

posted by もっぴ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする