2010年02月20日

名駅の松坂屋も…。

本日2月20日の日経新聞朝刊に、「松坂屋名古屋駅店、8月に閉鎖」の記事が掲載されました。

閉鎖自体はビルの建て替えによるものですが、建て替え後も再出店はしない方針なのだといいます。

建て替え後の賃料をめぐる交渉が、どうやらうまく進まなかったのが原因らしいですが、

百貨店王国・名古屋にも、いよいよ苦境の波が押し寄せ始めているという感じがします。

栄に林立する百貨店群も、おそらく内情は相当厳しい状態でしょう。


その昔、取材の関係で栄地区の百貨店に頻繁に出入りしていた時期がありましたが、一部の百貨店には、「我々は百貨店なんだ!」という傲慢な態度で接してくるところもありました。

もちろん、マスコミの側にとっても大切な広告の出稿主なわけですから、お客様として丁重に扱うのは当然の話なんですが、

それにしても、お客様へは質の高い接客を標榜しておきながら、出入り業者には威圧的な態度で接するというのでは、おそらく、その会社に未来はないと思います。

お客様がいるからこそ、自分たちの会社があるのと同じように、

サポートをしてくれる業者があるからこそ、自分たちの会社があるわけですから。

今ではきっとそんな馬鹿げたことはないと思いますが、

名古屋の大切な文化のひとつである百貨店には、もっともっと頑張って欲しいだけに(ウチの相方も、実は、元デパガ)、

もう一度「百貨店らしさ」を見直し、魅力あふれる店舗へと変貌を遂げてほしいなと思います。

posted by もっぴ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック