2010年06月27日

名古屋場所。

折からの野球賭博問題で、開催自体が危ぶまれている名古屋場所。

元々、そんなに相撲好きというわけではないんですが、

名古屋場所だけは、地元開催ということもあり、個人的に注目していたりします。


それもそのはず、実は、事務所のすぐ近くに、

佐渡ヶ嶽部屋の稽古場があるからなんです。

幼稚園の園庭には、いつも「がっぷり四つ」の方から「にわか」の方まで、

幅広い層のファンが詰めかけて、早朝の稽古を見学しています。


ただ、今回は、なんといっても渦中の部屋ということもあり、

残念ながら、後援会の方のみの稽古見学になる模様。

毎年楽しみにしているだけに、ちょっと残念です・・・。



自分の子どもたちも、女の子ながら「のこったのこった」と、

布団の上を駆け回っているぐらい、お相撲さんは大好き!

やっぱり、間近で見てみると「迫力」や「威厳」を感じるものです。


今はいろんな膿みが出ている時期だと思いますが、

もし積年の悪い慣習があるとしたら、ぜひそれをすべて断ち切っていただいて、

子どもたちにも「尊敬される力士像」を、今一度見つめ直して欲しいものです。


posted by もっぴ at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック