2010年12月05日

書いて生きていく プロ文章論。

うまく文章を書くには?と聞かれたら、この本を渡そう!…かな。

書いて生きていく プロ文章論 [単行本] / 上阪 徹 (著); ミシマ社 (刊)

最近、異業種の方と交流するシーンが増えてきて、そんな中で必ずといっていいほど「自分も本が出したい!」という話題に遭遇するんですが、

その方の文章を読ませていただいた時、ほぼ必ず!といっていいほど、

「この文章、きちんと読者を想定して書いているのかな〜」という感想を抱きます。


以前、とある人に、「プロとアマチュアとの違いってなんですか?」と言われた時、「お金をもらっているかどうか?」という答えをしたことがありますが、

単純に「プロとアマの違い」を語るのではなく、ライターとしての技術的な「プロ」と「アマチュア」との違いを言うとしたら、「きちんと読者を意識して書いているか?」という部分に尽きるのではないかな、と思います。

…まあ、自分の仕事を振りかえってみると、あんまり大そうなことは言えんかな〜なんて思ったりもしますが(苦笑)

文章というのは、その前提として「どんなメッセージを、どんな対象に向けて伝えたいのか」というテーマがあります。

本が好きな人にとって、読書は「楽しみの一つ」かもしれませんが、一般の方にとっては必ずしもそうではない。読書数の統計で「月間0〜1冊」が大半を占めていることからも、それは明らかでしょう。

となると、きとんとメッセージを届けるためには、「ターゲットの読者に興味を持ってもらうために、どのような文章に仕上げるべきか?」をきちんと考える必要があるわけです。

例えば、20代に伝えたいのに難しい漢字ばかりでは敬遠されてしまう。逆に、レベルの高い内容を求めている方なら、あまりにも平易な言葉遣いばかりでは飽きられてしまう。

また、同じトピックでもどんなポイント・切り口で読ませた方がより興味を抱いてもらえそうか?など、

ターゲットに応じた文章に仕立て上げることが求められるわけです。


…と、まあ、このあたりの内容を平易な文体でまとめてあるのが、この『プロ文章論』。

求人関係の広告原稿を手掛けていたり、ビジネス関係の執筆を結構していたり…と、著者の方と仕事内容がかぶる部分が多いので、なんだかフィーリングが合うという部分は否めませんが、

文章の心得、ライターの心得を学ぶ本としては、なかなか良い一冊なのではないでしょうか?

僕自身、これからの発展のためにも、初心にかえる意味でも、もう少し読み込んで自らの糧にしたいな〜と思います。



…ちなみに、この著者の方は、直近10年間の売上が3億円超。

単純に、年間3000万円以上を稼いでいる計算になります。


というわけで、僕の来年以降の目標は、「向こう5年間で、フリーライターの年間売上3000万円超」にしようかな、と(笑)


「土日はきちんと休んで、年に2・3回は海外旅行に行っている」という記述を見て、

よし、この方が休んでいる間にコツコツ努力すれば、きっとそのうちこのクラスには這いあがれるな!なんて心底考えちゃうあたり、

僕はつくづく変なフリーライターなんだろうな〜なんて思ったりしますが(苦笑)、


…ともあれ、今後も、クライアントさんのご要望に少しでも応えられるように、

どん欲に自己成長していきたいなと思います。

posted by もっぴ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック