2006年08月16日

キャンプの災厄

お盆中の長野取材では、キャンプでの宿泊を敢行いたしました。

キャンプ用の機材は充実していて、立派なテントもすぐに建てられる弊事務所ですが、いかんせん、都会慣れしてきたせいか、肝心なことを忘れておりました。

それは・・・、「虫対策」です。

虫除けスプレーは持っていき、体に撒きまくったので、「これで安心!」とタカをくくっていましたが、これが大きな間違いでした。

短パンに短いソックスという、いかにも軽装備な状態で山に入ったおかげで、足首付近を、両足合わせて48箇所もやられてしまいました。まさに、足元をすくわれたような状態です。

初日には痛みを感じなかったんですが、2日目にはいると、両足がぱんっぱん! 泣きそうなほどの激痛が足を襲ったのですッ!!

都会での「人間VS虫」は、圧倒的に人間有利ですが、山では、虫のホームタウンなだけに、圧倒的に虫が有利だとつくづく感じます。やつらは、ヒット&アウェーで、自由気ままに攻撃を加えてくるのです。

やはり、敵地に赴くときには、それなりの準備が必要ということですね。

・・・ああ〜、まだ痛い・・・。

posted by もっぴ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック