2012年02月27日

日本の神々としきたりがわかる神道。

ほう、日本の神々ってそうだったのか!

日本の神々としきたりがわかる神道 (コスモ文庫) [文庫] / 一校舎社会研究会 (編集); 永岡書店 (刊)

日本の神々としきたりがわかる神道 (コスモ文庫) [文庫] / 一校舎社会研究会 (編集); ...

最近、スピリチュアル系のウェブ原稿のご依頼があった絡みで、日本の神々について学ぼうと思って手に取った一冊。

文庫サイズですし、価格もお値打ちなことから、正直あんまり中身に期待はしていなかったんですけど、

これがなんの! 日本の神話にはじまり、日本の歴史と神道の関わり、神社のしくみなど、普段あまり気にせずに通り過ぎていたような部分を、簡潔に分かりやすくまとめてあって、なかなかグッドでした。

あれだけ頻繁に神社へ参拝するのに、知らないことがいっぱい! 学校でもあんまり学ばないですしね。

ちなみに、「二礼二拍手一礼の作法」はご存知の方も多いと思いますが、

手水舎で、手と口を清める時の作法って、みなさんはご存知ですか??

正しい作法は、こんな風なのだそうです。


*****************************

@まず、右手で柄杓を取り、水を汲み、左手に水をかけて清める。

A次に、柄杓を左手に持ちかえ、同じようにして右手を清める。

B再び柄杓を右手に持ちかえ、左の手のひらに一口分の水を受け、その水で口をすすぐ。

C最後に両手で柄杓を垂直に立て、残りの水を柄の部分に流して清めてから、柄杓を伏せて置く。

*****************************


最後は、垂直に立てて柄を洗うとは。。。


…まだまだ、知らないことってたくさんありますねぇ〜。

posted by もっぴ at 11:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども。そういえば神道については学ばないですね。

日本は国教の自由を謳っているので、学校にて特定の宗教について細かく教えたりすることが、タブーとされているからではないでしょうか。

また戦時中の件もあって、神道や日本神話については文部省が慎重になっているとされています。

そんなわけで僕も正しい参拝方法を知りません。むしろ、外国人の方が詳しい場合があったりして、何か恥ずかしい限りです。

ちなみにきちんと参拝すると、周りから尊敬の眼差しで見られますよ!
宮司さんからも褒められます(笑)。
Posted by maeda at 2012年02月27日 17:32
そうか、信教の自由の絡みもありますし、学校教育に神道のトピックを入れるのは難しそうですね。

でも、宮司さんから褒められたら、なんだかうれしいかも(笑)

よし! もう少し勉強して、スマートに参拝できるように頑張ってみます!!

Posted by もっぴ at 2012年02月27日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック