2012年03月05日

ザイが作ったフリーランスのためのお金の本。

ちょうど確定申告の時期ですし。

なぜキャバクラ代がOKでベビーシッター代が経費で落とせないのか!? ザイが作ったフリーランスのための [単行本(ソフトカバー)] / 小迎裕美子×ダイヤモンド・ザイ編集部 (著); 岩松 正記 (監修); 小迎 裕美子×ザイ編集部 (編集); ダイヤモンド社 (刊)

なぜキャバクラ代がOKでベビーシッター代が経費で落とせないのか!? ザイが作ったフリーランスの...


ダイヤモンド社の広告を見て本屋で手に取ってみた一冊。

フリーランスのライターになってはや10年。毎年、山のような領収書と格闘しながら確定申告を行っているわけですが、

これからフリーランスになる方、なって間もない方でもさらりと読めるライトな紙面になっているので、「お金のことは分からないことだらけで…」なんて方には、かなり心強い一冊だと思います。

この手の本って、結構、申告書類の書き方だけが紹介されていて、「じゃあ経費ってどれぐらいまで認められるの?」とか、「売上が上がった時の節税方法は?」みたいな部分は、すっ飛ばしていることが多いんですが、

そんな「ぶっちゃけ話」的な部分まで網羅されているので、お守り的に置いておいてもどこかで役立つ一冊かと。

個人的には、「小規模企業共済」や「経営セーフティ共済」のことなどもきちんと紹介されているので、なかなか好感が持てるかな、なんて思います。

…フリーの方って、国民年金基金なんかは知っていても、付加年金(←これイチオシ!)、確定拠出年金(←素人には難易度高いかも)の存在を知らなかったり、所得控除がどんなものかもあまり理解していない人が結構いたりするもんでして。。。

フリーランサーといえども、個人事業主ですし、一人の経営者。これからの厳しい世の中を一人で渡り歩いていくためにも、最低限のお金の知識は身に付けておいてソンはないはず。(僕みたいに「お金オタク」になる必要はないですけど。。。)

そんな意味でも、なかなかおすすめな一冊だと思います。
posted by もっぴ at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「どの程度が経費として認められるか?」、この匙加減が、やはりフリーなりたての頃は分かりませんでした。ブッチャケどうなの、を知りたいわけだから。

僕が参考にしたのは『フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました』(きたみりゅうじ著)です。細かい書き方がどうのこうと、というより、考え方が伝わってきます。オススメですよ。
Posted by 椿事 at 2012年03月06日 11:50
『フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました』、僕も読んだことあります。

実際売れてるみたいですし、気になることが書いてあってなかなかグッドですよね。

以前はさらりと読んだだけでしたので、また機会を見つけてじっくり読んでみようかな。

Posted by もっぴ at 2012年03月06日 16:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック