2013年06月12日

三塁ベースコーチ、攻める。

ちょっとご無沙汰でしたが、本日は読書ネタで。

三塁ベースコーチ、攻める。 ---監督を代行する10番目の選手 [単行本] / 澤宮 優 (著); 河出書房新社 (刊)

三塁ベースコーチ、攻める。 ---監督を代行する10番目の選手 [単行本] / 澤宮 優 (著...

野球とはこんなにも奥が深いものなんですね。そんな風に改めて感じさせてくれる一冊がこちら、『三塁ベースコーチ、攻める。』です。

内容はタイトルそのまま、日本のプロ野球を影で盛り上げてきた「三塁ベースコーチ」にスポットを当てたスポーツノンフィクション。サブタイトルは、「監督を代行する10番目の選手」となっていますが、三塁コーチがこれほどまで判断力、洞察力が要求される職種だとは正直思っていませんでした。

三塁ベースコーチといえば、あの野村監督をして「日本一の三塁ベースコーチ」と言わしめた高代延博氏が有名ですが、それ以外にもいろんな人物が、試合結果を左右する重要なポジションで躍動する姿を描いています。

なんだかコアな野球ファン向けのようですが、僕はライトな方でも十分楽しめる一冊じゃないかと。なかでも、現オリックスの森脇監督と、脳腫瘍により32歳の若さで他界した炎のストッパー・津田投手とのエピソードは、思わず目頭が熱くなること必至です。


posted by もっぴ at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ビジネス書以外も、読まれるんですね。
面白そうですね。

以前、ある作家をインタビューしたとき、ブルペンキャッチャーに興味がある、とおっしゃっていました。控え投手が練習する(つまりブルペンキャッチャーが受けている)様子が内野席からすぐ近くに見えるので、神宮球場が好きだ、とも。

かの野村克也さんも、入団当初は、ブルペンキャッチャー候補だったんですね。猛努力と工夫で、正捕手に上り詰めたのだけど。

壁に耳あり、人にドラマあり。是非、読んでみます。
Posted by 椿事 at 2013年06月12日 10:43
椿事さん、コメントありがとうございます!

そうですね、ビジネス書以外も読みますよ。というか、正直、ビジネス書に飽きてきた節も(笑)。だって、結構おんなじこと言ってるのが多いし。

野球、奥が深いですね。やっぱり僕はサッカーより野球派かな?? 見ないわけではないんですけど。
Posted by もっぴ at 2013年06月14日 06:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック