2014年03月01日

未来とつながるデスク。

時が経つのは早いもので、今日から3月ですね。

厳しい寒さもだいぶ和らぎ、やっと春の足音が聞こえてきた、といったところでしょうか。


さて、そんな中、先日、我が家に娘のデスクが届きました。

まだここで勉強したりすることはありませんが、

いよいよこの春から小学生です。

僕の自宅用デスクの隣で、

一緒に楽しく勉強してくれたらいいな、なんて思います。


そんな娘に、僕はこんなことを言ってみました。

「もしかしたら、うちの机にもドラえもんが来るかもよ?」


でも、そんな僕の言葉に、すぐさま娘が反論。

「うちのは、ドラえもんは出て来んよ」


写真.JPG


「ほらね」と、僕に引きだしの中身を見せる娘を眺めながら、

このデスクと一緒に、ステキな未来を紡いでいって欲しいな、と願うパパでした。

posted by もっぴ at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
進学、おめでとうございます。
うちのチビが小学校にあがるころを思い出しました。
小学校では、運動会や学芸会、学期に1回の授業参観(学校開放)など行事はたくさんありますよ。PTAやおやじの会など、学校に関わる機会も増えそうですね。

この前、新聞で読んだのですが、大人と子どもの境目は、雪を見たときの反応だ、と。子どもが雪だるまや雪合戦を楽しむ一方、大人は雪かきや通勤の遅れなどに思いを致す、と。なるほど、上手いこと言うもんです。
ドラえもんが引き出しから出てこないと悟るなど、もう大人?
な〜んてね。
Posted by 椿事 at 2014年03月03日 11:26
椿事さん、コメントありがとうございます。

いよいよ娘も進学です。そうなんですね、小学校ではますます行事が増えるのか。忙しくなりそうですね(笑)。

雪のお話、なるほど、と思いました。確かに、子どものうちは無邪気にはしゃいでいたことが、大人になると煩わしいものに変化しますよね。

ただ、僕にとって、まだまだ雪は「はしゃぐ対象」かも。どうやら大人になりきれていないみたいです。

女の子は、大人びるのが早いと言いますが、僕の精神年齢を追い抜く日も近い?、な〜んてね。

Posted by もっぴ at 2014年03月04日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック