2019年02月03日

偉大な守護神の引退。

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

僕は小さい頃、かなりの虚弱体質で
小学生の頃には運動会本番で体調を崩し、
父が忙しい仕事の合間をぬって学校に到着すると、
あろうことか救護テントで発見!
…なんて残念な子どもでした。

それでも、少年野球を始めてからは
人並みぐらいにはスポーツができるようになり、
中学時代にはハンドボール部に所属。
誰も希望しなかったGKに自ら手を挙げ
レギュラーとして試合に出ておりました。

かなり弱いチームでしたから、
まあ、大したことはなかったんですが、
それでも、ゴールキーパーというのは、
特殊なプレッシャーを背負うポジション。

フィールドプレーヤーは、
失敗を挽回する機会が多いですが、
キーパーは、失敗、即、失点。
ミスが許されない宿命にあることを
試合のたびに思い知らされました。

個人的には、運動能力はもちろんのこと、
精神力が問われるポジションだと思っています。


先日、名古屋グランパスで長年活躍した
楢崎正剛選手が惜しまれながら引退しました。

以前スポーツ選手の取材をしていたことは
このブログでも何度か書きましたが、
まだフリーライター駆け出しの頃、
日本代表として活躍中の楢崎選手に
インタビューさせていただく機会に恵まれました。

かなり緊張していたので、
詳しいことはうっすらとしか
覚えていないのですが、
クラブハウスで、こちらの質問に
真摯に対応してくれたその姿は、
常にピッチに落ち着きを与える
日本の守護神そのものでした。

準優勝に終わったアジアカップ2019を見るにつけ、
その存在の大きさを改めて感じざるを得ません。

楢崎選手、本当にお疲れ様でした。

名もなきライターの取材の記憶なんて、
絶対にないとは思いますが、
競技は違えど同じGKの経験者として、
あの時にお話しできたことは僕の財産です。

また、どこかでお会いできると嬉しいなぁ。


posted by もっぴ at 15:02| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: