2020年03月01日

YouTubeがあると、学校が要らなくなる?

どうも、名古屋のフリーライターの平井です。

昨日は安部首相が記者会見を行いましたね。

休校を決めたことへの説明だったわけですが、
親御さんたちは仕事を休めるわけではありません。

結果的に子どもたちを学童に詰め込むのなら、
むしろ危険なんじゃないかと感じるのは
僕だけじゃないと思うんですが、いかがでしょう…。

ちなみに僕の地元の学童は、
いつもすし詰め状態みたいです(大丈夫か…)

それならば、休業補償を手厚くして
安心して休める体制を!…と思いながらも、
それだと多くの女性が活躍する医療現場は
崩壊しかねないだろうし…難しいなぁ。

みんなで乗り越えるしかない、国難ですね。

じゃあ「我が家は?」というと、
多少の取材自粛は発生しているものの、
フリーランスの強みを発揮して
通常営業のテレワークです(笑)

農業も、外部の人と全く交わらないので
家庭内に患者が出ない限り、通常営業。
世間様にはいささか申し訳ないですが、
至って普通の日常が広がっております。

とはいえ、妻にとっては、
春休みという「ハードワーク」が突如到来!
来週以降どうしようか、右往左往しています。

僕も、子ども達の暇つぶし方法を考えていますが、
イラストレーターを目指している上の娘には、
illustratorを習得させようと考えております。

で、登場したのが標題の
「YouTube先生」というわけです。

「illustrator 使い方」で検索をかけると
アドビの公式動画から
現役イラストレーターのものまで
出るわ、出るわ、大量のレッスン動画が。

もうこりゃ、学校要らないわ(笑)。
こっちで勉強した方が、
分からないことを繰り返し見られるし。

正直、「同じことを集団で行う」という
旧来の学校の指導方法では
通用しない世の中になっています。

また、集団感染が発生するリスクは、
何も今回のコロナだけでなく、
インフルエンザなども同様なわけで。

今回のことを発端に、教育機関のあり方も
真剣に議論しないといけない気がします。

posted by もっぴ at 08:00| Comment(0) | ライター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: